ブルーマーキュリーの水素水。

熱海市がまとめた2月の入湯税課税状況によると、前年同月比で
3120人(1,5%)増加した。課税者数(宿泊と休憩)は
旅館・ホテルと寮・保養所を合わせた302施設で21万2451人で

税額は3186万7650円。地区別に見ると熱海5,1%減、
伊豆山25,2%増、泉0,8%増、多賀・網代47%増だった。業種別では
旅館・ホテルは4,3%増、寮・保養所は13,9%減となった。さて、

昨日は上京し、水素水の室田渉氏(ブルーマーキュリー株式会社社長)、
松井善就氏(アジュペックス株式会社社長)、小林創氏(株式会社東栄)、
その他、城山仁氏(夕刊フジライター)の案内で、産経新聞本社にて、
夕刊フジの佐々木浩二室長(新規事業推進室)と同、
山本俊尚次長を訪問する。それぞれ異なる案件でお会いした。中でも、

水素水に関しては、過去においてブログの中で幾度となくPRしてきた、
ステック型のDR水素水とは違い、室田氏は

伊◯園やロー◯製薬他が販売するアルミ缶やアルミパウチ式の
水素含有装置を研究開発し、昨年3月28日付の週刊文春の特集記事、

夢のアンチエイジング商品 ”水素水論争に最終結論!
誌上実験でわかった「本物」と「偽物」”と題して取りあげられ、
本物と計測されている。水素水も含めてサプリメントに関しては、

次から次と新商品が開発されてはいるが、現在では薬事法が壁となって、
業界勢力図に変化が出ている。また小生自身も年齢に合わせて、
サプリメントに対する考え方も変化しており、現在では、水素水の類いは
手元には置いていない。ただ、水素水の効能は技術とともに向上しており、
前記の大手メーカーも販売に力を入れていることからみれば、
水素水愛飲者が増加していることが伺える。ではまたなぜ、水素水なのか?

実はブルーマーキュリー社に関しては、以前から、知人の
渡辺剛氏(三水社代表)から来熱時に、会社の方針をお聞きしていた。で、

室田氏以下役員の方々の話しを総合すると、水素水の有効活用について、
熱海温泉から新しい活用プランを推進していきたい。との、ご希望だったが、
次の訪問時間を気にしつつ、大枠ながら構想についてお話しを聞いた。
(つづく)

室田社長

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment