高橋弘会長(万葉倶楽部)の熱海見番新曲発表会に思う。

今朝は予報通りの天候となり、予定していた親友とのゴルフは取り止めにする。
て、いうか、親友からの朝一の報告によればホテルサンミ倶楽部の朝食会場にて、
顔見知りの西熱海ゴルフ場フロント関係者M氏と遭遇した際に中止を決めていた。

予定が狂ったことで、急遽、中央町の事務所にて登壇日の前置き概要を作成し、
議会事務局にメールにて送付する。ここ最近の定例会では、通告案件の前置きと、
再質問での関連事項についても予め予告するように心がけている。で、ないと、

これまでの経験則から、再質問で唐突に関連質問をぶつけて答えに窮する
当局とドヤ顔で空論を重ねてもあまり意味がない。ある程度、再質問を含み
本会議前に当局にオープンにすることで当局の考え方や方向性や引き出し、
市民により分かりやすく、今ある問題点を提起できるものと考えている。さて、今朝も

高橋弘会長(万葉倶楽部)から定期メールが6本とブログにコメントが入った。
コメントは先日熱海見番で開催された「熱海・・・愛再び」と「あたみお綺麗節」の
新曲発表会関係者への労いと今後の方向性についてだった。

ー出演者の皆様ご苦労様でした。大変素晴らしい歌と踊りでした。ただ、
あえて苦言を呈するならば、歌を作って CD 作れば 熱海に来誘客が増えるという
単純な話しは通用しません。熱海・・・愛再び及びあたみお綺麗節が、
世界中でなん百万人かのひとに歌われて始めて誘客に結びつきます。

私は当社の歌(万葉音頭、箱根路)のCDを10万枚プレス致しました。しかし、
その歌がご縁でお客様が増えたというデーターは未だ有りません。 単に、
歌を作ればお客が集まるかといえば、それは難しいです。ただ、熱海見番
強いては芸妓衆にこの歌が愛唱されるのであれば、話は別です。見番で披露した
素晴らしい舞とセットにすれば観客の心を揺さぶる歌となり期待できます。
初心貫徹、すばらし歌と踊りの普及に今後の仕掛けを期待していますー

会長と遠藤氏
(写真は高橋弘会長と遠藤邦夫氏(熱海をうたう会代表・作詞家)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment