インターネット選挙解禁。facebookからその方向性を探る。

今朝も愛犬との定番散歩の後議員控室に入る。一昨日入札があった、
旧熱海◯泉病院(伊豆山)に関する情報収集と6月末現在の熱海市の人口と
世帯数のチェック、人口に対する65歳以上の人口比率等を確認する。また、

ネット選挙開襟二日目。今日はfacebookを通して参加してみた。小生が支援する
橋本一実氏(県会議員)の参院選立候補者応援投稿を軸にした、
様々な方々からのコメントの中に”肩”を入れながら口コミの拡大を探ってみた。

なるほど、始まったばかりで軽々に結論づけはできないものの、
橋本氏のfacebookを活用したネット選挙からは少なくても、ネット選挙
請け負い業者には真似のできない、根気と熱意や、実名投稿のリアリティーが
ヒシと伝わってきたのだが、さて、facebook愛用市民の本チャンでの関心は如何に。で、今日は、

熱海市職員の給与その他、当局の答弁を掲載する予定だったが、昨日、
前置きで肝心な部分がバッサリ抜け落ちていたのでその部分をアップする。

(村山憲三の控室。PCのようなものが透明ディスプレィ)
控室


(熱海市議会6月定例会本会議での前置き)

ー給料やボーナスの削減、職員の削減や、一人あたり
2~3000万円の退職金拠出に退職債という名の借金は、
市長さんが就任してからトータルでいくら出しているのでしょう。そして、
市職員の皆さんは年収200万円にも満たない市民生活の実態を把握しているのか。また、
市長が財政危機宣言をしても職員平均約700万円の給料は保証され、
今回のような不祥事を起こしても首にならない、役人天国熱海市です。ただ、

職員にとって居心地の良いまちは、
市民にとっては劣悪で冷酷非常なまちでしかありません。また、
湯らっくすマラソンは津波対策とかで中止しましたが遥かに危険な
東京湾横断マラソンは実施されています。市民の大半は
津波にかこつけた経費カットにすぎないと判断しています。その上、
保育園を民間に委託し、下水道料金、国保税、介護保険料も
この先益々値上げされることが予想されます。舗道は坂道だらけで狭く
老人は歩けません。市長さんは本当に
真摯に市民の為に市政に取り組んでいるのでしょか。
(つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment