丹那湧水(熱海のめぐみ)ロゴからAR。

午後6時少し前、自宅で寛いでいたらグラリと揺れる。スワッ、TVを点ければ、
震源地は東京都三宅島。震度5強の地震が観測されたと報道、熱海は
震度2程度だったが、とまれ、淡路島地震の後だけに、南海トラフ、首都圏直下型との
連動関連性はないのだろうかなど、一瞬、転ばぬ先の杞憂が過る。さて今日は、

阪本欣哉氏(株式会社ICE社長)が庁舎控室を訪問する。要望のあった、
佐口静雄氏(佐口農園主)の市内と函南の農園を視察する。帰りに、
佐口農園から採りたての大根とレタス、及び、丹那湧水ガロンボトルと
常温サーバーをプレゼントして、阪本氏が企画するあるプロジェクトに協力する。
このプランについては後日記載するとして、昨日の上京日記を記録する。先ず、

斎藤隆司氏(デジタルウインド社長)についてだが、齊藤氏はfacebookトモダチの
田野倉やきにくやさん店主のご紹介で、以来、小生が独自に開発を進めてきた、
オリジナル拡張現実(AR)制作に多大な協力を頂いている。キッカケは、
日本ストーリーデザイン大賞授賞式を視野に、応募作品から作風を下に、
”ひもの家族”という、熱海で初の、つまり、今までのARコンテンツにはない
オリジナルな用途を目指した企画意図を齊藤氏に相談したところ、
キッチリ、期日に間に合わせて頂いたのである。これによって、

尚美学園大学(川越市)からお二人の教授に審査員をお願いしていた関係で、
人気テレビアニメ「はながっぱ」の映画公開(東宝映画)の新作ポスターから、
はながっぱが飛出す3DAR制作完成(アンドロイドのみ)とあわせて、
2月5日の授賞式(サンミ倶楽部)にて、小生は名刺サイズの画面から、
マンガと音楽が飛出すARを関係者の皆さんに披露する事ができた。このことで、
異業種交流会を兼ねた授賞式では大小2つの、目的用途の違う
ARコンテンツが同時に披露することができたことで、結果的に、熱海市と

尚美学園大学、東宝映画をつなぐ番宣プロジェクトとして多少なりとも、
貢献できた事を、齊藤氏や関係者とともに喜びを分かち合った。そんなこんな、
昨日は、文字(ロゴ)からアニメと歌が飛出す新作完成と、
齊藤氏の誕生日を、品川駅構内の立ち食いそば店と近くの喫茶店にて祝う。さて、

スマホかアンドロイド端末をお持ちの方は、先ず、PC画面か、プリントアウトして、
右の無料専用アプリをダウンロードして下さい。アプリをダウンロードした後は
左のロゴをターゲットにかざして下さい。アニメと音楽が楽しめるはずです。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment