高橋弘会長(万葉倶楽部)と河村たかし氏(名古屋市長)

この週末、熱海温泉にとっては迷惑千万な空模様となった。昼を前に
親水公園で開催のフリーマーケット出展者も早々と店をタタムなど
庶民の楽しみを早々と奪いとってしまった。それでも、午後1時頃の熱海駅は、
足早ではあったが大勢の乗降客で賑わいを見せていた。この時間、
丹那の天然水(熱海のめぐみ)PR用ARアプリのゆるキャラの作者で、
漫画家のTさんをお迎えするために臨時停車しつつ駅前状況をウオッチングする。
自宅ビルにてTさんと打ち合わせ後、悪天候に遭遇する前に駅に送り届ける。夕食後

雨脚の強い中、中央町の事務所のヌシ、愛鳥る〜の寝仕度を整え自宅に戻り、
高橋弘会長(万葉倶楽部)からのここ一週間分の定期メールを熟読する。先ず会長から、
ブログのスタイルを代えた事で読みづらくなったとの不満があった。
ーモデルチェンジしてから、読み難くなった、最初の記事写真が変わらず、
毎日更新しているのか解りません、スマホ対応というには理解していますが御一考を。また、
名古屋市長選挙に関するメールも入っていたのでご紹介する。

ー名古屋市長戦が7日から始まります。自民党と民主党も
反河村たかしでやるそうですから大変な選挙と成りそうですー

会長と河村氏

高橋弘会長と河村たかし氏は親友同士。今年1月の万葉グループ謝恩会でも多忙の中
顔を見せるほどの仲であり小生とも話しをしている。去年11月の総選挙の結果、
河村氏の政党が埋没した感が否めないが、ある意味、地方自治体にとっての課題である
”減税”と徹頭徹尾取り組むブレない政治姿勢には共感を持って注目しており、
会長からのメールの行間に秘められたメッセージを読み取りながら、同封されてきた、

河村たかし」第2期名古屋市政、新新新第2期マニフェスト

公約守る 庶民の政治
世界のナゴヤ 本物ナゴヤ ぬくとい市民
——————————————-

日本最大の戦災復興事業をこえ、これからの100年を創る。
⭕日本最大、名古屋の戦災復興事業は、100m道路、墓地の移転なども行い、
民間産業の驚異的技術革新のインフラとなり、
日本最強の生産都市名古屋を作りました。・これからの100年は、
戦災復興事業をこえて、新しい街づくりビジョンを生み出す時です。

それは「世界のナゴヤ、本物ナゴヤ、ぬくとい市民」
1.最強の 防災・経済
2.どえりゃあ おもしろいマチ
3.福祉に教育に あったきゃあ市民。
4.民主主義もおもしろい
さあ踏み出そう。歴史に残るマチ ナゴヤへ。(つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment