• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海発!がんばろう東日本大震災復興支援イベント(網代かっちゃくれ浜市)

熱海発!がんばろう東日本大震災復興支援イベント(網代かっちゃくれ浜市)

東京駅午後9時43分発こだま(浜松行き)にて帰宅する。上京したのは、
来熱する予定だった、LED照明の製造販売メーカー丸張株式会社の
張駿社長が東名高速厚木インター近くから酷い渋滞にハマったからだ。
このままでは、予定時間に熱海に到着しそうもないと判断し、小生が
新幹線で上京することで引き返して貰ったことと、もう一件は、予てより
予約を入れていた、お湯に沈めるだけで純度の高
水素ガスが得られるという、水素発生新素材「ナチュレ水素」を開発した、
P社のT社長と急遽、面会する事が決まったからである。

GW中盤の熱海市内には、これまでの閑古鳥が嘘のように来誘客であふれていた。
市内で開催されている「ふれあい産業祭り」等、イベント会場はどこも盛況で、
自粛ムードは完全に吹っ切れたかのようにも見えた。このまま、
来遊客が途絶えない事を祈りつつ、混雑する
熱海駅構内をかき分けこだまに飛び乗った。神田駅東口でT社長は待っていた。

P社のT社長とは初対面ながら妙に馬が合った。水素材の説明の他T社長から、
熱海温泉の生き残りについて、伊豆山の老舗旅館Hを傘下に収める、
Hチェーンの経営方針にその光が見えると、その質の高さを説明してくれた。具体的には、
帝国ホテル創業者が、ホテルの質の高さはベルボーイで決まる。と云ったように、
宿に求める人的サービスでコストパフーマンスが決まるとの、
私見を交えたご意見を頂戴する。P社ではそんなこんな、
2時間ほど勉強させて貰い、肝心の発砲水素材を仕込み、
張社長待つ有楽町駅中央口に到着したのは午後5時40分を過ぎていた。

張社長とLEDの話は割愛するが、張社長、
上海でLED照明生産工場のオーナーだけでなく、中国国内だけで、
300店舗展開するアパレル会社ふ〜あいあむのオーナーでもある。その他、
これまで小生が何度もお邪魔している、山東省維坊市では
土地開発事業を展開しており、8日に帰国する張社長と、とある事をお願いする。さて、
今日のブログは時間的に遅くなってしまったので、昨日の、
網代かっちゃくれ浜市の様子を動画と静止画でご案内したい。





Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment