• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海市庁舎建設計画(消防署移転)、東日本大震災を教訓に見直し検討も!

熱海市庁舎建設計画(消防署移転)、東日本大震災を教訓に見直し検討も!

一向に収まる気配の見えない福島原発事故。政府が公表した
住民避難指示の自主的な要請が20~30キロ圏内に拡大した。
おいおい、マジかよ。で、ある。どこかで、
神風が吹くんじゃないかとの国民の期待もよそに、
放射能汚染という予測不能の事態がジワリ近づいてきた。

農作物や水道水に降り注ぐ死の灰の拡散に怯えながら、今朝も
愛犬ふ〜とのお付き合いを済ませ、庁舎に入った。議会事務局では、
立候補に必要な戸籍謄本と住民票を揃え、地元記者クラブを訪ねる。

自粛ムードとはいえ、立候補するには後援会事務所が不可欠だ。更に、
立候補を予定していた現職の辞退も巷で噂されており、そうなれば、
組織を持たない小生にとっては、更に、厳しさが増すことになる。

これまで延期してきた事務所開きを、地味にではあるが、
4月3日(日)に自宅ビル地階にて開設する旨、報告を入れさせて頂いた。
地元記者クラブから帰りしな、中央紙の記者クラブに入る、
M記者と立ち話をする。今日は市長との定期会見の日である。
ー何かニュースは?ーと水を向けると、

ー消防署の移転について見直しの方向にあるようだーと、首を捻った。
聞けば、今回の東日本大震災による津波の脅威を改めて認識したのか、
静岡県の想定津波基準値3mの改正如何では、
旧長崎屋跡地への消防署移転撤回だけでなく、庁舎分庁化建設計画そのものも、
根本から見直しを迫られることにもなり、ここは一番、所管する、

庁舎建設担当職員に直撃を試みることにした。午後3時少し過ぎ、
加藤室長を控室にお出でいただいて、動画の内容をお聞きした。



また、今夜は、SBSラジオ番組を終えた高須基仁氏(モッツ出版)が来熱する。
つい先ほど前、市内の某旅館にて、詳しくは云えないが、
大震災と政府の対応についての裏側情報や東電に関するスクープなど、
メディアの最前線で筆を執る、独自のコネクションを通じて入手できる、
情報アンテナの高さと確かさを改めて目の当たりにする。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment