• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海・湯河原県境、千歳川の川床整備から広域観光圏を始動せよ!

熱海・湯河原県境、千歳川の川床整備から広域観光圏を始動せよ!

熱海市と湯河原町、箱根町を含む、静岡県東部と
神奈川県西部地域の合計11市町の行政と観光関連事業者・団体が連携する、
「箱根・湯河原・熱海・あしがら観光圏」が始動した。取り組みの母体は
箱根町を頭とする、観光圏推進協議会。目的は、観光客誘致。
宿泊と回遊促進をめざす、滞在型の観光地づくりを推進する背景には

観光圏整備法の活用がある。各種の支援制度を活用する広域湯客事業推進は、
熱海市が12月定例会を視野に策定した、
「第四次熱海市総合計画」基本構想」にも網羅されている。ただ、
どこから、なにを、という具体的な方向性について、広域ということと、
補助金制度の配分等も含め、いつ頃、11市町の足並みが揃うのか注目されている。さて、

久しぶりに、高橋弘会長(万葉倶楽部)にご登場願おう。高橋会長、ご案内のように、
熱海温泉で3軒の宿泊施設を経営している。市内に2軒と
湯河原町と千歳川を挟む泉地区で1軒の計3軒。どれも、用途目的別の3施設、
宿泊客には好評のようで、相対的な売り上げに関しては、この時期にあっても、
緩やかではあるが上昇カーブを描いている、と、評判である。その会長から

千歳川に関する苦情がメールで届いているのでご案内したい。
ー静岡県と 神奈川県の 境にある 千歳川 。県境が 川の真ん中。この川、
現在は 汚いこと おびただしい。川床の清掃を湯河原町に再三 お願いしたが、
川床の 整備は 遅々として進行していない。このままでは、

湯河原温泉(泉温泉)に 来る観光客は、汚れた 千歳川を見て、
何を感じるか、 長年の 懸案となってる。広域観光圏もいいのだが、
両市町の担当者は是非とも、問題 提起して、 元の静流に、そして
心ち よい 河川に 尽力くださいー・なるほど納得である。小生、
長い間広域行政を担当してきたものの、千歳川については、上から下まで、
ジックリ観察したことがなかった。云われてみれば・・である。

今朝は故望月武雄さんの告別式に出た後、庁舎に入り、
上西建設課長と会う。話しは即まとまり、近々に千歳川の状況を視察して、先ず、
橋本県議を通して静岡県に働きかけることで合意する。今日はこのあと、


高橋会長のホテル(熱海ホテルサンミクラブ)にて、小生の後援会主催の
市政報告会とブログに登場頂いている、首都圏や関西から来賓を招いての、
異業種交流会が予定されている。少し早目のブログアップとする。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment