• Home
  • Blog
  • Today's Kenzo
  • 熱海、湯河原町県境、千歳川河川環境美化運動について現地視察する。

熱海、湯河原町県境、千歳川河川環境美化運動について現地視察する。

熱海市議会12月定例会本会議、2~3日目に登壇する各会派代表者の
通告書が出そろい、地元紙に掲載された。登壇者は小生も含めて15人。9日と10日、
午前9時半から論戦の幕が開く。主な質問内容としては、
「第四次熱海市総合計画基本構想」、「庁舎分庁化について」、
「副市長不在の弊害」、「水道料金の大口滞納」、広域観光圏など等。今朝も、

愛犬ふ〜との散歩を観光港芝生広場周辺で軽く切り上げ、庁舎に入る。
今回も通告案件が多くあり、40分の制限時間内に答弁を引き出す為には、
本会議前に当局側との綿密な擦り合わせが不可欠となる。それを怠ると、
これまでの経験則から云えば、本番では市民が知りたい、

重要案件を問い質しているつもりでも、空回りする事も多く、独りよがりの
一方通行に終わる事も多々あった。その反省を踏まえ、昨年あたりから、
再質問までの質問事項など、当方の手の内をオープンにしながら、
所管職員との距離を縮めながら、短く的確な答弁を頂くよう努めている。ということで、

午前中は総務部長や所管課長さん等と、介護保険請求事件の推移と、
県境千歳川の河川環境美化について話を聞き、午後から、現場視察に向かう。この模様は、
明日の動画でお伝えすることにして、今日は昨日の姉妹都市提携の現状と、
民間規模の新しい動きについてご紹介したい。




イタリアのサンレモ市と姉妹都市提携を交わしたのは、
昭和51年11月10日。その後、平成19年度に廃止するまで、現地採用駐在員がいた。
しかし、最近5年間では主立った動きはなく、平成18年に
姉妹都市提携30周年を記念してパネル展を開催しているだけで、その後は
没交流というのが現状である。その間、東アジアからのインバウンドが主流となり、
今は、経済大国中国からの旅行客獲得に各自治体の足並みを揃えており、残念ながら、
ヨーロッパとの交流に関する市民の関心は薄い。ところが、ここにきて、と、いうか、

一昨年頃から、当時、フランス在住の鳥居誠氏からコンタクトがあり、
熱海リビエラ計画なる、熱海再生プランを頂戴しここでも紹介してきた。その鳥居氏、
ジェラートアイスクリームを日本に持ってきた方で、一時、その関係で帰国していたが
現在では再び、フランスに戻り在仏、在伊の日本企業をサポートしている。
その鳥居氏の存在に関しては、市の観光課職員にも案内しており、ポスターや
観光DVDなどを送付して貰い、メールを通じて交流がある。そこで、
鳥居誠氏からの、ごく最近のメールをお届けする。
ー村山殿お疲れ様です。本日、パリサイドで、
熱海リヴィエラ企画に協力してくれるイベントクリエーターと話合いを持ちました。
彼の簡単な説明のみの段階ですが、すでに
本企画に興味を持っている出資者及び進出希望の企業が
10-15程(話を持っていった相手のほぼ全員)居るそうで、
話のもって行き方では、かなり増やすことも可能とのことですが、
それには、今年のクリスマス以前にきっちりとした、
プレゼンの資料を作り上げそれをベースに
それぞれと話し合う必要があります。そのプレゼンで食指が動けば、来年、
1-2月ごろに彼らに熱海を体感してもらうことになります。
そのプレゼンの材料として、下記の情報をお送りいただきたいのです。
-◎市役所から送っていただいたポスターの写真を含め
熱海はリッチな場所であることを見てもらえる写真(彼らが進出したくなるような・・)
A4サイズのプレゼン資料に使用できるものでお願いします。
-◎熱海市として提供できるものは何があるのでしょうか?
(例えば、店舗用スペース、イベント用スペース等とその条件)
ビーチ、遊歩道の使用の可能性等もお願いします。
-◎熱海市としての売りは何でしょうか
温泉、海、魚介類、気候、東京から近い等々
-◎訪問が実現した場合(3-4日)場合、
宿泊施設等は提供してもらえるのでしょうか?
(10-15人の団体にする予定です)
ー◎こちらサイドも出資者を含め、飛行機代等は自前でとの交渉をしていますが、
熱海サイドにも何か提供していただきたいのです。
-◎今日の話では、ファッションブティック、エステティック、
アクセサリー、食材飲食、音楽イベント、スポーツイベント
等の企業が
興味をもってくれているようで、かなり幅はあります。ただ、

それらがまとまって進出しなければ、インパクトがなく、
単独又は2-3件の進出ではインパクトがなく、ほとんど意味がありません。
まとまった進出が可能になった段階で、JR,JTBその他大企業のスポンサーを
抱きこみ大きなイベントとして扱って行きたいとのことです。
その場合、もちろんフランスのマスコミにも協力してもらいます。
イタリアでのフランスと同様な情報は12月中旬にはお送りできると思います。
以上、出来るだけ多くの資料をお願いします。お待ちしています・・・又、
サンレモには私もしくは代わりの人間がコンタクトをとりたい旨
熱海市からサンレモの担当者に連絡を入れてもらってください。

その担当者の名前がわかればこちらから連絡を入れます。
サンレモ市にも何らかの形で協力してもらおうと思っています。
鳥居誠

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment