網代(あじろ)ベイフェスティバル

4日留守にしていたこともあり、今日はそこそこの忙しさだった。朝は、
愛犬ふ〜と久しぶりで山の手を歩く。神戸に居る間、
散歩のペースが崩れたのか、留守して2日目頃から食欲なく
吐く等の症状も見られ、心配させられたのだが、
掛り付けの動物病院での治療が効いたのか、体重こそ軽く感じたものの、
今朝は鼻が濡れておりいつものふ〜チャンに戻り、安心させた。散歩の後、
芸妓置屋連合組合に出向き、梅園入り口の看板に使用する、
芸妓衆の写真撮影に立ち会い、役所に入る。
・・・・役所では桜井議会事務局長を通じて図書館よりお借りしていた、
熱海ホテル創始者で、戦前の衆議院議員や熱海市長(昭和22年)を歴任した
岸衛氏の著書「観光立国」を一旦返却し、再延長する。
・・・・
この著書の中身については、近々に抜粋してご紹介するが、
岸氏は官公庁の設置や国際観光の振興、外資の導入などを提唱し、
その発想力と構想の雄大さは、現在でも
熱海再生へのヒントとなり得る記述が網羅されている。
・・・・議会事務局ではその他、今回、
建設公営委員会のまとめ役となったことで、所管する担当部課の幹部職員から、
8月2日に開催される顔見せ委員会の打ち合わせ日程を調整する。そのあと、
芸妓衆の撮影で事前許可を頂いている「起雲閣」の野口館長を訪問して、
写真家F氏とスタッフを紹介し、撮影場所のロケハンにお付き合い頂いた。
・・・そして夕方5時に自宅を出て、
あじろベイフェスティバル(萩原委員長、杉坂網代若衆組組頭)の会場に向かう。途中、
上多賀のマルタヤ食品(熱海温泉納豆)さんに立ち寄り、
東京の知人に配送して頂いた、温泉納豆の支払いを済ませる。祭りに関しては、
・・・・関連するホームページをご覧頂くとして、小生は、
写真と動画を通じて、阿治古神社例大祭のフィナーレを飾る活気の一端をご案内する。






・・・・・
会場には、9月5日告示、12日投開票が行われる
熱海市長選に出馬表明している、現職の斉藤市長と田島県議が顔を揃えた。
祭りムードがたけなわとなる少し前、高橋幸雄議員と熱海に戻る。自宅に戻り、
網代若衆組の世話人で小生の親友でもあった故「森野嘉男」氏に手を合わす。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment