野村克也氏、一筆入魂。手抜きなし!

熱海から電話が入った。野村再生工場の成功を祝す内容だった。
訪中しているのを知っての電話でもあり、友人に改めて礼を言う。振り返れば、
野村克也氏と楽屋から舞台上まで生で接した約5時間の中で、
改めて教えられることが多々あった。先ず、長時間拘束されたのだが、
講演の最中は時間が押してもストップがかからないほど、
会場との一体感を共有、情熱が伝わってくる鮮明な記憶力と、
沙知代夫人を立てるのを忘れず、偉ぶらないことだった。楽屋では、
少年野球教室に選ばれた少年たちや抽選会での記念品に、
一つ一つ、丁寧に一筆入魂でサインを記していた。
途中でやめるどころか、少しも手を抜かずに書きあげてしまった。



また、教え子である、古田元ヤクルト監督と田中将大投手を引き合いに、
感謝とは何か。についてのお話も大いに参考となったのだが、丁度、
今週号の週刊文春の記事と引き合いに、後日掲載する。さて、
・・・・・・・

張守峰氏(日照国際経済技術有限公司社長)とスタッフが、
滞在先の青島・麗晶ホテルロビーに到着したのは午後2時を少し過ぎていた。
日照市からワンボックスカーで約5時間かけての
長距離運転にもかかわらず、疲れた様子は微塵も感じさせず
笑顔の再開となった。今回の訪中目的の一つは、4月中旬に予定している、


張氏を含めたスタッフ3人の来日に必要な、招請状
(小生の在籍証明書と納税証明書、身元保証書と来日予定表)の持参と、
来日スタッフとの確認事項があり、本来であればご招待されるまま、
日照市を訪問すべきところだが、他の予定と
距離的時間的にもバッティングすることから、青島のホテルにて打ち合わせる。
中国からの研修生派遣に関しては、
昨今の日本経済の混迷と地盤沈下を想定すれば、
建設、水産、農業等に関する業種に関しては、正直、
日本での受け入れ先の先細りを懸念するところだが、どっこい、
今年も200名以上が各組合を通して、日本各地へ派遣先が決まっており、
受け入れ組合や派遣先への挨拶とPR、研修生への激励など、
きめの細かいフォローで相互の信頼感を培う目的で来日する。さらに、
・・・・・・インバウンド元年に向けた、熱海市の
中国人旅行客誘致を視野に入れ、同時に派遣法改正をにらんで、
中国人ガイド育成科目の設立を検討したいと、小生の依頼に頷いた。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment