中国山東省・日照市視察訪問に向かう

今朝、チンタオのホテルまで迎えに来て頂いたのが、
日本に技術人材を派遣する日照市(中国・山東省)政府認可の、
日照国際経済技術合作公司の張経理とそのスタッフだった。
チンタオから日照市まで車で約2時間30分、ワンボックスカー内では、
今回の訪中目的である、日照国際経済技術合作公司の、
日本事務所開設への合意書を取り交わす上での詳細について、
通訳を交えて話し合あった。これまでに、
2万人以上の研修生を日本に派遣してきた実績があり、
研修生事業の重要な一環として、
中国研修生が日本に派遣された時に直面する、
風俗習慣等の違いについて、いかにして短期間で環境の変化に
順応し事故のない研修生活が送れるかを、
受け入れ企業からオファーされた研修生に、3~4ヶ月間の
集中トレーニングを実習して日本に派遣しており、
現在のところ、500人の研修生が、主に、
広島県と岩手県で研修生活を送っているという。その、
日照国際経済技術合作公司の日本での事務代行を、
日中友好の架け橋として白羽の矢が立ち、現地への実態調査を兼ね、
藩建寧氏等3人を伴い、訪中する。
張経理と
通訳のキクさんと
藩氏(日照市内での昼飯)
むろん、全国の各事業協同組合を通して、
全国規模で研修生を紹介するというもので、研修生だけでなく、
貿易等を含めた全般的な事務代行も視野に入れたもので、
明日には、合意内容の細部が決まる予定となっており、
中国人旅行者のツアールートとして、成田〜東京〜箱根〜熱海宿泊を
是が非でも確立させる為のとっかかりとしては、
絶好のタイミングと受け取り、これまで培って来た、
中国人人脈に感謝をしつつ、宿泊先の
君臨天下大酒店へとチェックインする。このあと、
市内の観光港等を視察して、午後5時30分(現地時間)から、
日照人民政府関係者を交えての歓迎会となる。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment