「熱海・函南広域行政推進協議会」開催

午前10時から、熱海市役所5階会議室にて、平成21年度の、
「熱海・函南広域行政推進協議会」が開催された。
今朝は、昨日の炎天下のゴルフで疲れが残っていたのか、
起床時間はいつもより遅い、午前7時30分を過ぎていた。時間的にも遅かったこともあり、
「愛犬ふ~」との朝の散歩は、熱海港芝生広場周辺で軽めに済ますことにした。
熱海港周辺は日中の暑さを予告するように靄っていたが、海面は穏やかだった。

散歩を終え、事務所に愛犬を降ろしてから庁舎に入る。

熱海市と函南町の広域行政推進協議会は、昭和48年に始まり今回で36年目を迎え、
昨年5月に函南町役場で協議された協議内容、

平成19年度協議会決算、平成20年度協議会予算の審議及び
20年度の事業計画についての経過報告や、
今年4月20日に会計監事(函南町 森副町長)より、平成20年度協議会会計決算について、
監査を執行したことなどが経過報告された。

昨年度の推進事業の経過をみれば、

広域幹線道路網の促進については、
伊豆湘南道路建設の整備促進を”促進期成同盟会”を通じ、

20年度も国交省や関東地方整備局、中部地方整備局に対して、
早期実現に向けての要望書をそれぞれが提出しており、芹沢町長から冒頭に、

伊豆縦貫自動車道(東駿河湾環状線)は、平成5年に大場・函南インターから、
函南町平井間(約1,9キロm)がルート公表され、
都市計画決定を受けたのち、現在実施計画が行われている。

沼津岡宮インターから函南インターまでの15kmは事業化され、本年度夏ころまでには、
東名高速から国道1号線に至る沼津~三島塚原インター間が供用開始予定であると、報告された。

その他の事業として、日曜朝市開催では、
昨年は16回の開催で計91の出店と、4,550人の入場者があり、

両市町の生活に切り離せない広域道路(県道熱海・函南線及び県道十国峠・伊豆山線)の
改良整備事業については、県知事に要望しているとの経過が説明され、

芹沢函南町長と斉藤熱海市長
芹沢函南町長と斉藤熱海市長


左から川口、橋本の各議員
左から川口、橋本の各議員

広域行政協議会にて

廃棄物処理等に係る広域的対応の検討についても、
検討会を開催して協働対応していくことが確認され、今年度の事業計画や協議会予算、
役員の改選等を賛成全員で協議会を終了した。

協議会では、両市町の委員による活発な意見交換が期待されたが、
小生を始めとして、残念ながらどなたの委員からも発言がなく、淡々と終了した。

改選前は、加藤則夫元市議の音頭で始まった「阿吽会」(親睦ゴルフ)を通じて、

偶然にも今日事務所に立ち寄る
偶然にも今日事務所に立ち寄る

2市4町の各委員による広域行政での結びつきが太く、交流の場は和気あいあい和やかなムードに包まれたが、

委員や事務局の世代交代と相まって、良し悪しを問うのではないガ、
次第に事務的な協議会に移行した感が拭えなかった。

さて、明日も、

湯河原町との広域行政推進協議会開催が予定されており、今日を踏まえ、
協議会の場が固くならないようコミュニケーションを図りたいものである。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment