日本ジャンボー。小田原駅前「ナックビル」買収

今朝の地元紙(伊豆毎日新聞)には、
新庁舎建設計画についての、具体的な方向性が示されていた。
本会議初日が終了した後、
「庁舎建設等特別委員会」が開かれ、
取りあえずの”分庁化”や
新観光会館を含む新庁舎建設計画について提案されたようだ。
s-200812020.jpg
s-200812021.jpg
分庁化については、既に政調会の席で、
桜井副市長から、
「マックスバリュー」を想定しているとだけ、耳打ちされていたが、
賃貸料が、
10年間で約”6億円”という数字は聞かされていなかった。
ただ、この分庁化については、
平成34年までに新庁舎(観光会館を含む)建設プランの伏線で、
平成32年度完成を視野に、
44億3千万円をかけての新庁舎建設プランで、
平成23年度から現庁舎解体に着手したい構想のようだ。
そのほか、
あれもこれも合算した数字も羅列しており、
完成までの総事業費は”80億円”と巨額だった。
熱海市単独事業となる”庁舎建設”だが、
補助金(国・県)から約9億7千万円弱”、
起債で約31億円弱”、一般財源約35億円を予定しており、
財源確保に、
人件費等の経費削減が不可欠で、
熱海港観光施設用地の活用を図るという。
はてさて、
ここにくるまで、
熱海市の新庁舎建設に関しては、
斉藤市長就任以降、
前市政が立てた計画案を白紙に戻して、
ここまで、
3転4転し担当職員の辞職を表面化するなど、
一貫した方向性が見えてこなかったが、
分庁化が急浮上し、
斉藤市政オリジナル”新庁舎建設計画”も、
藪の中から飛び出してきた格好だが、
”分庁化”の是非を除いて、
観光を柱とした”基幹産業”の崩壊を前に、
市民の同意を得るのは”ゼロ”に等しく、
小生の意見としては、
大風呂敷を広げただけに終わる懸念を隠せない。
さて、そんな構想に目を通した後は、
本社機能や
自宅まで他都市に移住計画の、
高橋弘会長が待つ、小田原万葉の湯へと車で向かう。
告げていた到着時間に合わせ、
小林秘書が玄関で待っていた。
s-DSC00079.jpg
小林氏の指の先には、
先月買収したばかりの”ナック小田原ビル”に、
日本ジャンボーのロゴが大きく飾られていた。
(つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment