小室哲哉ー50年の軌跡ー出版へ

今朝の日刊スポーツには、
小室所属事務所がオファーと題し、
総合格闘技で夢のコラボ
小室&露鵬&白露山お騒がせ3人復活プランが、
             (12月22日付日刊スポーツより抜粋)
s-DSC004390.jpg
小室所属事務所「イーミュージック」を軸に
進展していることが掲載されていた。
「イーミュージック」といえば、
emusic.co.jp/
小室氏が所属し、
事件が表面化した際メディアに出まくりした、
ゴッドプロデューサー「KAZUKI]の所属事務所として、
俄かに脚光を浴びた音楽事務所である。
ゴッドプロデューサー「KAZUKI]が、
マスコミに露出したことで、
アイツは何者ぞ、と、
あ~でもない、こ~でもないと、喧しいパッシングに晒されたが、
彼にとっては、
今月25日(木)発売予定の、
「小室哲哉」~50年の軌跡~(宮帯出版社)の、
折込済みのPR効果に過ぎず、
24日(水)には、出版記念記者会見が用意されており、
s-DSC003651.jpg
s-DSC003712.jpg
今日の「日刊スポーツ」記事も、
「KAZUKI]とイーミュージックにとっては出来すぎの追い風となった。
内容は、11月4日逮捕の衝撃から、
栄光と挫折の日々と失意から復活への
シナリオを綴っているようで、
目次から追えば、
「KAZUKI]が小室の半生をたどり、
第一章 2008年11月4日 小室逮捕の日
第二章 プロデュースしたアーティストたち
第三章 100億円の小室王国
第四章 小室をめぐる女性たち
第五章 挫折と絶望の日々
第六章 イーミュージックとの出会い
第七章 小室哲哉復活計画
付録   小室哲哉楽曲一覧といった内容のようだ。
24日(水)に予定されている、記者会見の式次第には、
逮捕後約一ヶ月で出版されることができた、
「小室哲哉~50年の奇跡」の制作経緯と概要、
来年一月発売予定の次回作について、
「KAZUKI]の今後の活動計画などが用意されている。
小生としては、小室本のヒットを機に
「KAZUKI]の才能が花開くことを祈り、
近い将来、
「KAZUKI]の素顔を押さえている一人として、
何らかの形でコラボレーションできれば幸いである。
また、中央町の事務所に、
知人から紹介されていた、健康食品販売の、
”ピュアコラーゲン”の
「渋谷製薬株式会社」から渋谷茂美氏が来社した。
s-DSC004210.jpg
小生のブログを参照してきたといい、
どうりで、
初めてお会いした割には距離感が無い。
渋谷氏はコラーゲンについて、資料を見せながら、
人間の体内にはたんぱく質が20%含まれているといわれ、
そのうち”3分の一”がコラーゲンだと、データーを示す。
ただ、体内コラーゲンは、
20歳前後から衰え始め40歳を過ぎると急激に衰え、
コラーゲンの減少が引き起こす弊害は多く、
コラーゲンってなに。と聞けば、
”美容と健康に強い見方”だと、目が輝く。
ーでは、醗酵黒にんにくも同じだ”と、口から出るのを押さえ続きを聞く。
肌(皮膚)=皮膚組織の真皮に約90%がコラーゲン
歯(歯茎)=歯はコラーゲンで出来た歯茎に支えられている
骨=骨の中のたんぱく質約80%がコラーゲン
軟骨=軟骨の50%がコラーゲン
髪・つめ=潤いを与えてつややか
血管=コラーゲンで作られたチューブ
内臓=強度を保つ
眼=大量に含まれている。と、
目の前で、珈琲カップに湯を8分目入れ、
ティスプーンで5杯ほどコラーゲンを入れかき混ぜたものを飲んだが、
無味無臭で飲み安く出来ていた。
渋谷製薬のコラーゲンは、
国産豚皮を原料として保存料、添加物なし100%コラーゲンとして、
販売しており、
小生の役割はと聞けば、
飲んでみて効果があれば、
関西地区へピュアコラーゲンの認知も含め、
”ネット問屋”的な販社を探して欲しいとのことだった。
ということで、
今年最後のミーティングの土産に、
ピュアコラーゲンを持参して、
タックワールド(大阪・日本橋)へと向かうことにする。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment