高須基仁新刊発売記念イベント

今朝は7時頃から、
テレビの画面に釘付けになって、
”岩手県沿岸北部地震”に関するニュースを見る。
先月発生したばかりの、
「岩手・宮城内陸地震」の悪夢から、
僅か一ヶ月間で、
震度6以上もの地震に、
一度ならず二度も、
立て続けに襲われたのである。
小生が体現した、
昭和27年の”十勝沖地震”(震度6)と重ねて、
東北地方被災者住民に、
同情の念を禁じえない。
”地震雷火事親父”とは、
恐ろしいものを順にあげた語だが、
今や”おやじ”は
昨今の
社会的事件の背景を斟酌しても、
恐怖の対象にもならない存在となっているようだが、
「地震」は、
予測されている、
関東大震災や
東海沖地震発生への恐怖を引きずって、
益々、
日本人の恐怖心を”ゆさぶり”続けている。
因みに、
昭和27年に発生した”十勝沖地震”とは、
ウィキペディアで検索すれば、
地震の規模:M8.2
最大震度:震度6 で、
北海道南部から東北北部で
揺れや津波などの被害があり、
28人が死亡、5人が行方不明、287人が重軽傷を負ったと記述されており、
幼い頃の出来事だったが、
釧路市米町の
実家で遭遇したこの地震、
お袋が外した雨戸を地面に敷いて、
物置の壁を支えに、
”長く激しい”揺れが収まるのを待った記憶が蘇る。
蘇るといえば、
来月は、
墓参りのシーズンである。
小生も、
来月の7日から故郷へ帰省し、
両親が眠る墓に、
今年も無事だったことを報告し、
その足で、
釧路湖陵高校同窓会へ出席する予定となっているが、
地震だけには遭遇したくないと念じて、
テレビから目を離し、
自宅の窓から外を覗けば、
上空に薄曇りがかかっていた。
愛犬ふ~と散歩に出る前に、
ネットで検索した
気象状況によれば、
お昼までには
30度を超す暑さとなるようだ。
散歩を終え、
午前10時少し過ぎに、
中央町の事務所に”ふ~”を降ろす時間には、
キツイ日差しが、
アスファルトをじりじりと焼き付けていた。
事務所に到着するなり、
高須基仁氏(モッツ出版)から電話が入った。
夕べ、
新宿ロフトで開催された、
新刊発売記念イベントは、
週刊実話連載のコラム、
”下品、下劣、何悪い!?」を一冊にまとめ、
三才ブックから、
www.sansaibooks.co.jp/
「くそったれ!」という
”お下品?”なタイトルで発売する記念として、
ゲストとファンを集めて開催された。
小生は時間の関係で、
イベント開催前に中座した時間には、
入場者は7~80人近く集まっていたが、
最終的には、
約150人ほどに膨れ、
ドクター中松氏千葉マリアさん、
女優の神楽坂恵さんを始め、
5月に東京銀座・「博品館劇場」で行われた、
「銀座ロマンPART V 陽だまりの街」に、
小生の友人であり俳優の、
「伊吹吾朗」さんと共演した、
女優の大地旭さん等が、
下村勝二氏と
山下浩一郎氏の両三才ブック編集長とともに、
”薬害”についてなど、
遅くまでトークショーで盛り上がったようだ。
イベントの始まる前、
控室に案内され、
天野宇空ロフト店長や
大地さんが所属するプロダクションオーナー、
宮西渡さんを始め、
上記お二人の女優さんや、
山下編集長や下村編集長に、
熱海市で開催される、
夏のイベントを紹介し、
メディアサイドの方々には、
機会があれば、
イベントによるまち興しへを兼ねて、
来遊方々、
「熱海特集」を組んで頂くように依頼する。
     (11月公開のトウキョウ・守護天使主演女優神楽坂恵さん)
s-DSC00604.jpg
           (小生の右隣が大地旭さん)
s-DSC00606.jpg
時間の関係で、
「新宿ロフトプラスワン」会場中座し、
高須氏の、
イベントそのものは見ずじまいだったが、
彼の持つ”出版コード”や、
活字世界での存在感を活用して、
そう遠くない日に、
”新生熱海”の特集を
全国に発信できるよう今後も、
彼の人脈を通して、
地道な誘致活動を続けていきたい。
現在、
午後2時を少し過ぎたが、
気温は30度を越し、
事務所にいても暑いくらいであり、
昨晩写した、
新宿歌舞伎町の夜景を、
s-DSC00607.jpg
s-DSC00610.jpg
ブログアップして、
画面上から
冷気を誘い込めれば幸いである。
さて、
今晩は、
その熱海夏のイベントの一つ、
「花火大会」が開催され、
われわれ議員も、
お隣町(湯河原町)から、
広域行政特別委員会所属議員の皆さんを、
会費制でご招待している。
今夜は、
夜空に舞いあがる”花火”とともに、
不景気風を打ち砕く、
夏のイベントの幕開けとしたいものである。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment