釜山で学ぶ”観光地”としての情緒

昨日は、
関空に到着し、
大阪で一泊する。(心斎橋グランドサウナ)
プサンロッテの、
ゴージャスな気分にさせる
ツインベッドルームも癒されるが、
心斎橋グランドサウナの
個室カプセルも広くて快適なうえ、
会員宿泊代金は3,780円。
ここの「前田主任」を始め、
フロント係りやレストラン従事者には
馴染み客として、
親しみを持って迎えられるのも嬉しい。
s-IMG_5656.jpg
さて、
話を釜山に戻そう。
世界の観光地化している、
「釜山」には、
”発酵黒ニンニク”をキーワードに、
ここ数年、
年間2回ほどの割合で、
松本哲治氏(タックワールド)や山口多加志氏等の、
”韓国通”にご案内頂いてきた。
昨年に引き続いて宿泊した、
「プサンロッテホテル」周辺には、
去年にも増して、
飲食店が林立しており、、
夕方からは、
車道に”屋台”が並び、
賑わいに”灯”をつけている。
s-IMG_5634.jpg
s-IMG_5635.jpg
s-IMG_5638.jpg
s-IMG_5639.jpg
屋台の客層は、
地元民から観光客まで、
夜を明かして、
老若男女が、
止まり木に腰を落とし、
それぞれの価値観を肴にして、
ストレスを発散している。
今回、
プサン滞在中には、
日本のJCメンバーが
数多く見受けられ、
ホテル内や屋台、
周辺飲食街を潤していた。
ここを散策して思うのは、
熱海温泉の再生の一端として、
提唱してきた、
”路地”と横丁の復活である。
日本の場合、
道交法や保健所法の壁が立ち塞がるが、
”レトロ昭和”の雰囲気を漂わせた
”韓国式屋台村的”や、
日本で例えれば、
博多長浜屋台村的な、
”ほのぼの観光スポット”を創設し、
中央町糸川通りを中心に、
渚町や浜町辺りの”閑古鳥”を一掃したいとの、
構想を膨らませた。
・・・・・・・・・・
//////////
・・・・・・・・・・
では、
熱海のリニューアルについて、
鴨居誠氏と
彼のグループによる提言に対する、
「熱海市観光戦略室」担当職員の、
見解についての後半をお届けしたい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
また、
姉妹都市であります
サンレモ市との
つなぎ役としての
駐在員のお話しもありましたが、
文化交流課に問い合わせた所、
現在担当者との
連絡もおぼつかない状況とのことであり
s-IMG_5396.jpg
s-IMG_5397.jpg
s-IMG_5398.jpg
s-IMG_5399.jpg
s-IMG_5400.jpg
s-IMG_5401.jpg
s-IMG_5402.jpg
s-IMG_5403.jpg
s-IMG_5404.jpg
s-IMG_5405.jpg
s-IMG_5406.jpg
財政的な点からも
今は積極的にはなれないとのこと。
お知り合いの
三ツ星レストランを誘致したいとの
お話については、
場所等のご相談に
不動産協会の
ご紹介ができる旨、
後日の携帯電話にて伝えさせていただきました。
熱海にご興味いただき、
多くのご提案をいただけることは
光栄なことであり、
これからも観光戦略室として
                  (石渡観光戦略室長)
s-IMG_4255.jpg
積極的に受けていく姿勢で、
少しでも
実現可能なものを
議会や関係団体等との
論議の中より見つけ出せ、
観光施策に反映できればと思っています。
よろしくお願いします。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment