在大韓民国日本国大使館へ表敬訪問

あっという間の2泊3日。
もうすぐ、
ホテルをチェックアウトする時間となった。
今回の、
熱海芸妓置屋連合組合と、
復活熱海元気ですよ実行委員会による、
「熱海温泉観光キャンペーン」も、
そこそこの評価を得ての帰国となるが、
昨日訪問した、
「在日日本国大使館」での報告をしたい。
今朝も、
ホテルの窓から見下ろす
ソウルの街は
薄曇に覆われ、
室内は、
エアコンを消してはいたが
季節外れの肌寒さを感じさせた。
s-IMG_5893.jpg
昨日の午前中は、
ロッテホテルから、
前日ご招待を受けていた、
韓国「日本大使館」(在大韓民国日本国大使館)へと向う。
一向6名で、
ジャンボタクシーに乗車、
馬場参事官から念を押されていたのが、
大使館に入る際の
車のナンバーの事前通知をしながら、
「ソウル特別市」庁舎前を通りかかったところ、
米国産牛肉輸入解禁に反対する、
地方から参加する
デモ隊のバスや、
その動向を見守る、
警護装甲車やTV中継社などが、
夕方から予定されている
デモ隊の動向に備えるように待機していた。
s-IMG_5953.jpg
s-IMG_5951.jpg
s-IMG_5954.jpg
日本大使館では、
入館にあたっての、
セキュリティが厳しく、
タクシーのナンバー等を照会され、、
入館目的を確認された上で、
館内に入ってから、
面会の許可札を手渡されると、
馬場参事官とともに、
大使館経済部の、
馬渕憲二等書記官に案内されて
一階会議応接室に入る。
s-IMG_5959.jpg
会議室では、
馬場参事官より、
2010年までに、
訪日外国人観光客を倍増させるべく、
”ビジットキャンペーン”政策が施行され、
韓国と日本双方の、
観光客の統計について、
昨年度は
韓国から日本へ”224万人”
日本から韓国へは”260万人”の、
両国併せて”484万人”という実績を残したことで、
今年度は、
双方で「500万人」越えを目標にしているものの、
為替の変化、
つまり早い話、
円高円安によって、
観光旅行に大きな影響を及ぼすと、
目標が遠のく可能性もあると分析すると同時に、
日本からは、
今年に入って奈良県知事、
去年は山梨県知事や宮崎県知事と、
行政のトップによる、
韓国観光客誘致キャンペーンが急増していると説明される。
引き付ける魅力、
s-IMG_5961.jpg
こうした日本からの、
積極的な
観光客誘致キャンペーン運動に勝てる、
熱海の”誘致目玉”は、
韓国庭園の活用である。
その接点として、
熱海観光港芝生広場にて開催予定の、
「パワーオブアタミックス08」最終日に出演が予定されている、
韓国の人気アーチス「神話」来熱公演をきっかけにしたいと、
参事官と書記官相手に
希望的観測を述べ、
集客数に惑わされず、
来年度以降も、
「韓流」イベントを挟んだ、
野外コンサートを企画して、
韓日(日韓)友好親善の一端を、
熱海市が
担えられれば幸いだと年を押した。
在日本韓国大使館を出た後は、
イッコウさんが有名にした、
”BBクリーム”を土産にするため、
s-IMG_5975.jpg
s-IMG_5976.jpg s-IMG_5976.jpg
s-IMG_5980.jpg
s-IMG_5981.jpg
ソウルの
街中へと紛れ込んだ。
馬場参事官からは、
誘客へのヒントを多く頂いたが、
6月定例会に提出した
「通告案件」および本会議の場にてご案内したい。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment