モッツ出版。偲ぶ集いに出席する。

つい今しがた、
「熱海駅」に着いた。
台東区上野田原町にある、
「モッツ出版」株式会社会議室で行われた、
高須基仁氏が親交の深かった、
故青山功氏(報知新聞文化部記者)の
没後8年を経過し、
生きていれば今年44歳という故青山氏を、
偲ぶ集いの席に出向いてきた。
故人と小生の間には、
何ら因果関係はないのだが、
時間が経過するに従って、
あの人は今、的な話題となり、
共通の知人探しとなった。
小林旭(俳優・歌手)の実弟としてだけでなく、
自らも、
元芸能プロダクション社長として、
梅宮辰夫、萩原健一、高橋恵子等、
芸能界を代表する、
当時のビッグネームを抱えていた。
そんな関係から、
タイムラグがあるものの、
双方共通の利害関係にあった、
萩原健一さんと
話題の出版本(ショーケン)が俎上にのり、
その延長線上に
共通の知人として、
報知新聞芸能部記者塩田氏と
繋がりが太かった、
元ナベプロで、
ショーケンのマネージャとして名をはせた、
「桜井ゴロー」氏の名前が挙がり、
~な~んだ。あいつを知っているの~と打ち解けた、
高須氏と
故”青山氏”について、
高須氏より、
毎年偲ぶ集いをして、
記者仲間の結束を固めていると聞かされた。
その第9回目の偲ぶ集いが、
今日の午後6時からモッズの本社で行われることから、
小生が参加することを知っていた、
(今日午後、熱海市役所南熱海支所新田職員と)
s-2008613000.jpg
偲ぶ集いに届ける、
”寸志”を預かっての上京だった。
s-IMG_5836.jpg
モッツ出版では、
高須氏から、
偲ぶ集いに参加した、
一線級の記者や
編集関係者に紹介され、
熱海市の
名前を印象付けたつもりだが、
メンバーについて等は、
明日以降にご紹介したい。
さて、
午前10時から開会された、
「熱海市議会6月定例会」だが、
開会から散会まで、
約一時間程で終了したものの、
新庁舎建設に絡む、
職員の人事異動発令に伴い、
専任職員の
退職問題が浮上し、
静岡新聞等が
この問題を取り上げ取材するなどして、
”火に油”を注ぐ形となり、
「庁舎建設等特別委員会」所属の、
議員有志から、
”職員退職留意要望書”が各会派に回り、
午後から開催された、
同特別委員会は緊迫した空気に包まれたのか、
いつになく多くの報道陣が詰めかけた。
s-DSC041221.jpg
要望書に記された内容については、
明日詳しくアップしたい。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment