ホテル「池田」山崎支配人と切れない糸

今朝は11時30分に、
「熱海市立図書館」を訪れ、
4階で待機していた、
故「山口包夫」元市議の未亡人、
「山口藤子」さんと会う。
山口さんは、
「熱海市立図書館」所蔵の、
昭和30年創刊の、
「私たちの生活と意見」”熱海のお母さんと生活記録”という冊子に
寄稿しており、
井戸清二図書館長を交えて、
発刊をめぐって抵抗のあった、
当時の市民感情等についての、
思い出話を聞き、
ブログに記載することを目的にメモる。
この冊子、
作家「広津和郎」が
序文を書いており、
温泉観光”文化”都市として、
一見の価値あるものとして、
後日ご紹介する予定である。
             (山口藤子さんと井戸清二図書館長)
s-IMG_1659.jpg
さて、
昨夜「熱海玉の湯ホテル」で開催された、
「熱海支帳会」新年会では、
ホテルの前田オーナーの他に、
小生と”縁”の深い恩人がもう一人出席していた。
「熱海ホテル池田」
www1.odn.ne.jp/~aaa03380/
山崎登史支配人である。
昭和44年頃だから、
今から約38年前に遡るのだが、
小生が愚妻の実家、
「坂田板金」を手伝いながら、
「ホテル池田」のクラブで
アルバイトしていた当時、
山崎支配人も、
地元熱海から通う「拓大生」として、
夜は同じクラブでバイトする仲間の一人だった。
以来、
山崎支配人は、
「熱海ホテル池田」一筋に、
池田考太会長の信頼も厚く、
観光地のホテルマンとして、
完成された地位を築いている。
s-IMG_1643.jpg
その山崎支配人とは、
「ホテル池田」を軸に、
どうしても切れない”糸”で繋がっているようで、
これまでも、
北海道から二人の甥が、
ホテル池田の板前見習いや、
親会社の
セントラル硝子(当時)に厄介になるなどしてきた他、
現在では、
小生の実弟「明」の次男
「洋平」が、
山崎支配人配下の一人として、
高校生の時からお世話になっている。
そのほか、
支帳会にはゲストとして、
歌手で俳優の
「西郷輝彦」さんの、
奥方の実父で、
熱海第一駅ビル運営会社の、
「井村」社長や、
熱海カラオケ連盟の、
「中野視郎」氏の他、
s-IMG_1648.jpg
s-IMG_1650.jpg
「熱海ホテル百万石」の、
矢野保一支配人などが顔を揃え、
和気藹々とした新年会だった。
これから、
愛犬と午後の散歩を済ませたあと、
上京する予定となっている。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment