「ジョー山中」さんも”ミスモンゴル”歓迎パーティに

今朝も
ハッキリしない”秋雨”が
泉都に居座り、
観光客の”気分”を削ぎ、
日曜の街中は、
人影が疎らで、
雨で濡れた道路を
タクシーだけが
慌しく水煙を上げて交差していた。
さて、
一昨日の続きだが、
外苑前にある、
”とある企業”との
打ち合わせを済ませ、
その会社役員のアドバイスに従って、
タクシーを利用して、
六本木へと向かった。
「ミスモンゴル歓迎」の
パーティ会場である、
六本木ロアビルまでは、
ジャスト、
1,300円の距離だった。
この”ロアビル”は、
貞方邦介氏(アルカサバ社長)の、
月例パーティ会場として、
何度か足を運んでおり、
大小のレンタル会場が幾つもあり、
常時何らかのイベントが行われている。
ロアビル一階では、
蒸し暑い最中、
民族衣装を纏った男性が、
立て札を掲げて、
5階会場を案内していた。
ここで、
元「アズベールホテル」(熱海咲見町)の、
支配人だった、
阿部裕子さんと待ち合わせる。
阿部さんは現在、
「Ocean Blue Bali Japan」の代表、というより、
小生のブログに登場したこともある、
馬頭琴奏者、
「NAGISA」さんのお母さんである。
馬頭琴とは、
言うまでもなく、
二本の弦を、
馬の毛で作った弓で弾く、
モンゴルの民族楽器である。
先端に付けられた
馬頭の彫刻にちなんで、
この名前で付けられたといい、
別名、
草原のチェロとも。
阿部さんと
待ち合わせた理由は、
10月12日「原宿」で開かれる、
”NAGISA”さんの、
コンサートを絡めて、
モンゴルに関係する
人脈を広げる目的があった。
レセプション会場では、
大隈国会タイムズ記者と、
久しぶりお会いする。
その他、
100人近く集まった、
メンバーの顔ぶれは、
「グローバルレインボーシップ」、
五味武理事長(国会タイムズ会長)と、
親交のある方々が多く、
ドクター中松氏やウィッキーさん等、
小生と面識のある、
著名人も駆けつけてきた。
            (阿部さんと安田昌史理事長代行)
s-CIMG7115.jpg s-CIMG7118.jpg
ミスモンゴル(2007年)は、
アンフバヤル ゲンバオチルさんで、
1987年10月生まれの19歳で、
ウランバートル在住の現役大学生。
172センチと長身ながら、
バランスの取れたスタイルで、
ミス・インターナショナルへの
出場も約束されているとか。
また、
「ジョー山中」さんの
s-CIMG7126.jpg
懐かしい顔も見えた。
国会タイムズ熱海支局開設や、
GRS(グローバルレインボーシップ)では、
クエートやエジプト、
ソウルなど共同参加しており、
その人柄は、
折り紙つきの”真面目人間”の、
ジャー山中さん。
ジョーさんが、
来賓の挨拶をしたあと、
近況について
あれこれ話しているうちに、
ーボク、夏には”伊豆山”にお邪魔していましたーと、
サザエ祭りに併せて、
家族連れで、
熱海で
夏休みをエンジョイしたことを、
楽しそうに話してくれた。
森村誠一原作、
角川映画により公開された、
「人間の証明」。
西条八十の詩を
劇中で詠んだ、
主演の「故松田優作」。
~かあさん、
ボクのあのボウシどうしたでしょうね。
夏、
ウスイ峠からキリズミに行く道で、
渓谷に落としたあの”麦藁帽子”ですよ~
押さえた”セリフ”と、
ジョーさんが歌う、
「人間の照明」のテーマが、
今でも、
鮮烈に記憶に残っている。
思えば小生、
森村先生やジョーさんは、
「熱海」で、
故松田優作さんは、
「国際放映」をキーワードに、
繋がっており、
これがナニを意味しているか、
考えただけでも”ワクワク”してくる。
そんな、
”ジコチュ~”を封印して、
ジョーさんと話を続ける。
ーえーと”島”さんの友達に市会議員で・・・-
ー高橋議員でしょうーと挟むと、
そうそう、お世話になりました。というので、
日中には、
議員控え室で会っていたこともあり、
微妙に”高橋絡み”の一日だと、
内心”首”を捻りながら、
小生の携帯から、
高橋幸夫議員をコールし、
ジョーさんと、
電話を変わる。
会場に、
阿部さんを残して、
パーティー会場を後にする。
そして、
熱海に戻り、
バイクを起動させようと、
自宅駐車場にいたら、
信号待ちの、
軽ワゴンの中から、
ーケンちゃ~んーと呼ぶ声に目を凝らすと、
何と~、
高橋議員と彼の奥さんだった。
会うときには、
よく会うものだと
”符号”の妙を感じつつ、
一日を振り返ってみた。
そうそう、
この日は、
新幹線熱海駅から、
大川電気社長と、
品川駅まで情報交換し、
s-CIMG7107.jpg
熱海市内の、
経済状況などを、
建設業界だけでなく、
市民団体メンバーとしての、
視点からも、
意見を頂戴した。
観光地としての魅力は失せ、
”不景気”一色に染まり、
「熱海」はどうなって行くのか。と、
食い下がられたものの、
斉藤市長による、
思い切った”リストラ”敢行、
巨額滞納の早期対策。
これに”尽きる”と、
私見を述べ、
あっという間に「品川駅」に着いたのだった。
機会を見て、
ジョーさんとボランティアで訪れた、
外国での、
思い出の一端でも、
綴ってみようと”ファイル”を探すも、
明日の「本会議」では、
議案に対する”反対討論”と、
委員長報告があり、
討論内容を、
米山議長に提出する作業などがあり、
思い出探しは
来月ということに。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment