雨の御堂筋、小雨の歌舞伎町

「タックワールド」の来客は、
「K」さんといい、
大阪市内で
不動産会社を経営する方だった。
つい最近、
収益物件建設に着手した
松本氏とは、
地元の不動産情報等を通じて、
気心の通じ合う仲であると紹介された。
大雨を縫っての来社目的は、
伊豆の国市において、
別荘地開発事業”プロジェクト”に関係しており、
その付近道路の整備に関する、
プロジェクト参加勧誘にあるようで、
国土省沼津河川国道事務所の、
平成18年度「道路関係事業概要」を広げて、
そのプロジェクトの内容を説明する。
熱海市以外の情報には疎く、
「伊豆縦貫自動車道」の概要に関しては、
この事務所で初めて知ったのである。
ー沼津・三島都市圏の域内交通と
伊豆地域への観光交通の、
交通円滑化を図るため、
環状機能を有した高規格幹線道路である、
東駿河湾環状道路で、
延長150キロメートルの整備を推進ー
この縦貫道の
一部路線整備に関しての情報により、
間接的に、
伊豆半島において、
外資系が展開するリゾート地開発への、
投資規模や目的を入手できたのである。
東京へは、
新大阪駅発、
午後3時53分の「のぞみ」に乗車すれば、
新宿「歌舞伎町」大久保公園内で公演中の、
「東京ギンガ堂」の、
”デージーが咲く街”開演に、
間に合うことを確認し、
春山社長の、
「冷麺館」心斎橋店で昼飯をする前に、
なかおか珈琲店で、
モーニングを食べてもまだ、
便通の予兆が感じられず、
”散歩”して腸の働きを活発にして、
「冷麺館」に臨むため、
タックのビル7階から傘を下げ、
”御堂筋”ウオッチングへ。
吉本や、
”たこ焼き”のワナカが並ぶ、
千日前筋から、
s-P100000100.jpg s-P100000411.jpg
s-20076800.jpg
s-20076801.jpg
s-20076802.jpg
s-20076803.jpg
なんばや心斎橋筋等の商店街や、
往来する人の波をかき分け、
デジカメのシャッターを切ったのだが、
東京駅から中央線で、
新宿駅「東口」を出たトタン、
大阪「御堂筋」界隈とは別の、
人の洪水と喧騒が目の前に飛び込んできた。
石森史郎氏(脚本家)と、
携帯で指示して頂き、
大久保公演までの道のりを、
どうにか辿りついた。
雨の御堂筋、小雨の歌舞伎町、
東西の大都会に集中する、
人の波をかき分け、
s-CIMG56044.jpg
s-CIMG56066.jpg
熱海駅に着いた午後11時前、
駅から咲見町の自宅までタクシーに乗り、
観光地としての
機能停止と錯覚しそうな、
人影見えない
余りのも寂しい、
温泉地の現状を目の当たりにして、
ーまったく今日の土曜はダメですー、
運転手さんの嘆きも重なり、
財政危機が現実のものだと、
為政者たちは
認識しているのだろうか、
6月議会では、
追及しなければならない。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment