ドクター”水素水”と大丸智里氏

先ほど(午後11時過ぎ)
MXTV[SHIBUYA食堂」
(大沢樹生、せんだみつお出演)の、
TV番組制作会社、
株式会社Mエンタープライズの、
三浦正浩社長と、
携帯専用連続ショートドラマ配信、
「瞬間(とき)を写す少女」の、
城谷間均プロデューサーが、
時を同じくして、
小生のラーメンハウス(Ya~Ya~屋)に、
お出で頂いた。
双方をご紹介し、
モバイル携帯の今後の進化についてや、
日本の場合、
紙メディアにどこまで、
追いつき追い越せとなるのかなど、
お互いの私見をさらけ出して、
先ほど宿泊先の、
「ホテルサンミ倶楽部」に、
お帰りになったばかりである。
      (写真は左より、城谷間氏、三浦氏)
s-CIMG0256.jpg
ここでの話は後日掲載するとして、
小生が先日、
渋谷にお伺いした内容を
ご紹介したい。
出向いた先は、
「ドクター水素水」を販売する、
”株式会社フレンディア”だった。
ここの社長は「大丸智里」氏。
s-CIMG0240.jpg
今から
10年ほど前だったか、
脚本家の石森史郎氏から、
大丸氏を紹介された。
確かその当時は、
健康食品に関する法人、
株式会社「フレンディア」を設立した頃で、
時々「水戸黄門」などの、
テレビドラマにも出演していた。
会ったのは、
新宿伊勢丹デパートの喫茶ルーム。
大丸氏が当時扱っていた、
ブラジル生まれの商材、
”マカ”について、
効能について説明されたが、
名刺代わりとして、
纏まった数を購入したのがきっかけで、
今日まで、
お付き合いいただいてきた。
大丸氏は元俳優である。
芸名を、
「伊吹徹」さんといい、
知る人ぞ知る俳優さんだった。
出身は福岡県で、
関西外国語大学を中退し、
東宝映画の
ニューフェースとなったそうだ。
ネット検索すれば、
その出演作品はかなり多い。
小生が、
北海道釧路の高校時代、
市内の映画館を
”特別”鑑賞できるという、
特権(同期生に映画館主関係者が)を利用していた際、
日活、東映、大映、東宝などが
配給する邦画はよく観ていた。
当時、
日活映画以外の配給会社では、
東宝映画も多く鑑賞した。
好きだった俳優さんは、
三船敏郎、三橋達也、加山雄三、
佐藤允さんや夏木陽介さん等で、
子ども心で、
感情移入しながら、
画面に釘付けになっていたものである。
特に、
先ごろ他界した、
無責任シリーズの「植木等」さんは、
小生の人生に大きな影響を与えた。
大丸さん(伊吹徹)さんは、 
「やま猫作戦」を始め
「暗黒街の牙」に、「のら犬作戦」などや、
小林桂樹さん主演の”狸の大将”など、
話題作に登場している。
テレビでは、
「ウルトラQ」の伊東隊員役で
出演しており、
日本映画専門チャンネル、
”だか”で見させていただいた。
CM出演も、
「日産自動車」や「東洋紡」などが、
ネット上で記載されているのだが、
失礼ながら全く記憶にない。
その伊吹氏の事務所に、
お伺いした”さわり”の部分は、
また明日ということに。
               (つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment