高橋議員、早くも供託金納入!

昨日午後3時過ぎ、
中央町の事務所で来客中の小生に、
所属する、
熱海市議会会派「熱海会」の、
梅原一美議員(副議長)から、
「ちょっと控室に出てこない?」と、
電話が入った。
控室には、
会派の加藤則、高橋の両議員も席に着いていた。
話は、
来る21日(水)、
社団法人「熱海青年会議所」から要請のあった、
市議会議員選挙改選提言型合同演説会への、
参加することへの、
有無についてだった。
結論から言うと、
一人頭2分程度では時間が短すぎる。ということと、
不参加の場合の理由を質していること.だ。
参加できない場合、
公開討論会の場などを通じて、
発表させていただくという文言に、
一同が異を唱えていた。
そうした事情から、
3人は欠席するが、
小生はどう対応するのか。という打ち合わせだった。
送付されてきたファックスをバッグから取り出し、
文面を再読してみると、
確かにおっしゃる通りに解釈できる。
しかし小生には”300人”の集まるという、
予定人数にグット引き付けられ、
このチャンスに乗じて、
ーワンフレーズ2分間でまとめてみたいーと、
会派の皆さんには了解を得る。
また、気の早い人がいるもんで、
同僚議員の高橋氏、
山形へ出張するとかで、
机の上には、
9日支払い済みの
”供託書”が置いてあった。
日本銀行沼津支店が受け入れる、
市議会選の金額は、”30万円”。
注意することは、
記述する枠からはみ出さずに、
記入することだそうだ。
その候補者中最速の供託男、
高橋幸雄議員を中心に、
集まった会派の議員さんと一枚、カシャッ。
s-CIMG4217.jpg
s-CIMG4218.jpg
この高橋議員も今定例会は壇上に上がる。
登壇日は小生と同じ”13日”。
通告内容のうち、
齊藤市長が考える企業誘致に関してと、
休眠市有財産売却についての2点がダブるが、
小生は切り口を変えて、
質問する予定である。
このあと、選挙戦の分析をするが、
お三方とも、
大きな組織からの推薦を受けており、
小生より”5馬身”以上先行しているというのが現状で、
今後の追い込みを左右するのが、
3月定例会での質疑内容となる。
そこで前日からの、
通告書の続きをご案内したい。
5、熱海をどり、花の舞など
「地方」として舞台を今現在も支えてきた、
最高齢・芸妓さんが
今年9月“白寿”を迎えるが、
伝統芸妓文化継承に
「熱海市」は何らかの功労賞を考えられないか。
                     (小金姐さん)
s-CIMG3948.jpg
6、公立小中学校「学校給食費の徴収状」に関する調査で、
熱海市は“食い逃げ度”
県下ワースト2にランクされたが
原因と見解、具体的解決策について説明して。
7、市内に点在する温浴施設を
情緒ある“町湯”としての環境を整え、
温泉周遊券を発行するなどして
「熱海温泉」の活性化を図れないか。
(つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment