「鈴木宗男」代議士”還暦を祝う会”に!

定山渓に集合した、
釧路湖陵高校第17期生の、
”還暦を祝う会”の続報だが、
昭和21年4月から翌年3月までに生まれた、
”戦後っ子”は、
前年度生まれより各段に増え、
小生が経てきた、
釧路の炭鉱町の小・中学校、
及び、
進学校として名門の、
「釧路湖陵高校」入学時も、
9クラス(1クラス50人平均)に、
振り分けるほどの、
新入生をのみ込んでいた。
「釧路湖陵高校」同期性には、
当時、
昭和30年6月から
同人誌『北海文学』に連載され
戦後最大のベストセラーとして、
釧路の社会文化に多大な影響力を与えた、
「挽歌」の作家、
www.koryo946.hokkaido-c.ed.jp/main.html
「原田康子」さん
実弟も在籍していた。
「挽歌」をざっと紹介すると、
昭和30年6月から31年7月までの10回、
同人誌”北海文学”に掲載され、
31年暮の初版から、
僅か一年のうちに70万部という、
戦後の小説界では最大の売行きを記録、
釧路の社会経済、文化観光に貢献、
森雅之、久我美子主演で、
松竹で映画化され、
瞬く間に爆発的ヒットととなり、
「霧の街挽歌」「挽歌の街釧路」が、
全国に印象づけ、
釧路市の戦後復興に多大な貢献をした作品である。
fujita-graphics.com/banka/
そのほか”同期生”には、
行政、港湾、漁業、
石炭、製紙、医療、観光等、
釧路市の産業を動かしていた、
企業家のご子息も多く在学していた。
小生が卒業まで在籍したクラス(G組)からは、
12人(男性4人、女性8人)の参加を含め、
式次第名簿には、
91人もの仲間が列記されていた。
毎年参加する”釧路市”での、
同窓会の段取りは全て、
伊木茂樹氏(釧路石炭社長)に、
任せてきたため、
当初予測していたのは、
“30人程度規模の参加者と思い込んでおり、
衆議院第一会館で、
鈴木宗男衆議院議員と、
s-kenmune00.jpg
お会いした際に、
”還暦を祝う会”の人数を、
アバウトで約2~30人程度と説明していた。
”新党大地”を結成して、
昨年復活当選する前の選挙区は、
釧路市を中心とするエリアで、
小生の同期生で、
綿貫健輔前釧路市長とは、
阿吽の呼吸で連携する関係と推測でき、
現在も政党代表として、
釧路市も含む全道を地盤としている。
ーそうかね、綿貫君も来るのかねーと、
代議士は議員会館の電話を取るなり、
”還暦の祝い”に挨拶に行くように支持した。
館内放送で、
記念撮影する案内があり、
大広間に集合すると、
s-2006101400.jpg
―綿貫君はいるかねーと、
聴いた声が響いた。
何と、
宮野第一秘書ではなく、
代議士本人が姿を現したのである。
呆気にとられる
「綿貫」前釧路市長を始めとする、
参加者全員が、
―なぜ、ここに顔を見せたのかーという
驚きの表情が大広間を包んだ。
小生は余計なことだったのかもしれないが、
「綿貫」氏に
壇上から降りていただき、
代議士とガッチリ握手する場面をつくり、
お2人の仲を参加者に見せ付けることで、
次回にも、
前市長再チャレンジを予見させる
演出をさせて頂いた。
もの凄い行動力は、
参加者全員に感動と余韻を与えたまま、
会場から立ち去ったのである。
小生は何とも“ツイてる”男である。
参加者全員に“還暦祝い”への、
強烈なインパクトを
プレゼントできたのである。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment