下駄ばき”甲子園”の魅力

「タックワールド」(大阪日本橋)から、
甲子園球場へは電車を利用した。
難波駅から地下鉄”御堂筋線”で「梅田」、
「梅田」から”阪神電車”で甲子園駅で下車、
蔦の絡まる球場が目の前飛び込んできた。
10年前の、
平成7年に一度この球場に足を運んでいる。
平成7年8月、
第77回”全国選抜高等学校野球選手権大会”に、
静岡県から、
韮山高校が出場し、
3回戦まで進出した際、
熱海市内の「韮高」OBや
現役高校生の関係者らと”ツアー”を組んで、
”ゲート”をくぐっている。
同校OBで小生の親友で、
当時「熱海市議会議員」だった、
故”岡本功”氏に引率されて、
炎天下、
カチワリを離さず”母校”でもないのに、
声を振り絞って応援した記憶が、
鮮明に蘇ってくる。
思えば、
あれから10年が経過、
目標に向かい
”自分”との戦いに、挫折しないよう、
”健康管理”を第一に
人生の献立を立ててきたことで、
見えてきたものは多い。
甲子園球場に招待されたことも、
その”献立”メニューのひとつ。
熱海ー新大阪間は、
用件次第では日帰り楽々の距離。
朝10時44分のひかりに乗れば、
約3時間の余裕をもって、
夕方4時19分、
新大阪からの”ひかり”で
午後7時には「熱海駅」着と、
”大阪喰飲コース”をパスすれば、
とんぼ返りも、殆ど疲れは残らない。
さて、
午後6時近かったが、
阪神電車は平日だと言うのに、
大勢の”阪神ファン”が、
市販のユニホームやロゴ入りのTシャツ、
メガホンを片手に、
乗り込んできた。
アンチ巨人の”松本氏”、
事務所から”ビニールショルダーバッグ”に、
”AKAHOSHI”とネームが入った”ユニホーム”と、
メガホン4本を押し込み、
”祭り”に参加する”ノリ”で、
電車の中の”虎キチ”に混じって、
次第に顔を紅潮させていた。
s-CIMG0065.jpg s-CIMG0066.jpg
”ラッキージェット風船”を
正面売店で購入し
”3塁側オレンジシート”(3,500円)、
28段161に腰を下ろす。
s-CIMG0074.jpg
回は2回表を終了しており、
阪神が”1点”先取点を上げていた。
外野席の一部を除いて、
発表された入場人員”41,424人”の、
大部分が”阪神ファン”のようだ。
s-CIMG0071.jpg s-CIMG0076.jpg
試合は7回まで観戦し、
”俄か阪神ファン”となって、
ラッキーセブン”風船飛ばし”に参加した。
s-CIMG0087.jpg
この雰囲気は壮観で
球場全体が一つになり”阪神球団”と、
ファンとの絆の強さを見せ付けられた。
ただ、残念だったのは、
藤川選手が”44年ぶり”で球団新となる、
47回3分の2
連続無失点を記録した場面には、
s-CIMG0081.jpg s-CIMG0085.jpg
風船飛ばしを追え、球場を後にしており、
その余韻に浸れなかったことだが、
松本社長には、
高校野球とはいえ、
ここで(甲子園球場)、
10年前の
思い出を蘇らせて頂いたことに感謝したい。、
s-CIMG0091.jpg
甲子園駅に向かう前、
球場売店で”タオル”を土産に買った際、
ネームを見れば、
黒澤嬢に”宇畑”嬢と、
どこかで聞いた名前なので、
記念一枚撮り、甲子園球場を後にする。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment