上空からの富士山

22日(月)のスケジュールは、
ツアー組が午前8時30分から、
塘路湖でカヌー下りへと出発し、
小生は、
伊木(敬称略)と、厚岸町へ。
info.town.akkeshi.hokkaido.jp/pubsys/public/mu1/bin/index.rbz
釧路から片道約1時間少しの港町では、
丁度”牡蠣”のシーズン到来ということで、
”牡蠣”好きの二人が向ったのは、
厚岸漁業組合直営の卸しセンター。
お土産をここで発送し、
釧路へUターン。
昼飯は、
少し早かったのだが、
釧路ラーメンの喰止めということで、
愛国町の”仁”へ。
伊木は”たんめん大盛”
小生は”しょう油の大盛”を、
やはり”美味い”。
釧路空港での集合時間が、
午後14時ということで、
時間がタップリあり、
ー何所か行こうかーと
お誘いを受けたのだが、
3日間付きっ切りの伊木も、
釧路石炭の社長さんとして、
仕事も山積していることなので、
空港で下してもらう事に。
一行が集合する一時間ほどの間、
売店を一回りしたり、
椅子に座り休憩するなど時間を潰す。
予定時間に一行と落ち合い、
JAL3132便は定刻どおり、
釧路空港を離陸する。
                 (須藤さんと寺田さん)
s-CIMG9183.jpg
空路の途中、
乗客乗務員さんから、
窓の外に、
富士山が見えると知らされる。
普段では余り見ることが出来ないという、
富士山の雄姿に、
思わずを手を合わせてしまい、
s-CIMG9188.jpg
雄阿寒岳といい、
富士山といい”うまい具合”(グットタイミング)に、
デジカメに収めたことで、
”運気上昇”のキッカケになる予感も。
s-CIMG9189.jpg
中部国際空港に近づくにつれ、
雲海が厚く広がり、
MD-90の機体がその上に、
クッキリと影を落とし、
16時35分には飛行場に着陸した。
寺田氏を含む一行に別れを告げ、
「須藤」さんと、
名鉄で名古屋駅へ。
午後5時45分に「大阪」から名古屋駅に着いた、
松本哲治氏(タックワールド)と待ち合わせ、
午後6時丁度の「こだま」に乗車、
熱海駅に着いたのは午後8時5分だった。
小生に店(Ya~Ya~屋)に直行、
軽く一杯飲っていたら、
エクザイルファンの、
国際観光専門学校生徒で、
市内のホテルで働きながら勉強しているという、
長崎県出身の「宮崎靖」君と、
佐賀県出身の「前田一」君がラーメンを食べに。
s-CIMG9202.jpg
記念写真を撮った後、
暫くの間、
「離れの・・・宿ほのか」に続く、
ホームページ作成希望の、
熱海市のクライアント”ペットショップ”トップの、
太田社長を招き、
大まかな構想を話し合う。
s-CIMG9203.jpg
その後12時30分過ぎに、
送ろうと表に出たところ、
”焼きとり”のすぎ山から明かりが見え、
もう一軒ということで、
入ったのだが、
小生はご覧のとおり名古屋の寺田家を含め、
3連泊相部屋の疲れが、
ドッと出たようで、
ご覧のとおり”カウンター”でウトウト20分。
サンミ倶楽部に宿泊の松本氏と別れたのは、
午前1時30分頃だった。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment