「病気にさせない医療」 (2)

松尾光貴氏(村山憲三後援会長)の家業は、
約300年の歴史を誇る、”旅籠屋”で、
現在でも、
遠方から来る多くの行商客で賑わっている。
その松尾社長、
小生の事務所に一冊の週刊誌を持ってきた。
s-20064060.jpg
「また不思議なことが」
ーなんで?-
「ここに、先日のブログに出ていた、
畠山みどりさんが」と、
今日出たばかりの、”週刊新潮”の、
巻末部分に、
確かに、
先日屋形船でご一緒した、
畠山みどりさんが、
カラーグラビアで登場していた。
屋形船では、
デビュー45周年記念リサイタルや、
翌日の午後7時から出演する、
テレビ東京の件や、
”醗酵にんにく”ブラックガーリックの話はしたが、
週刊誌に掲載されるとは聞いていなかった。
これは、
東京・小平市で行われたイベント、
「春の全国交通安全運動 
 交通安全高齢者の集い」で、
記者から取材を受けた時のもので、
みどりさんの、
身長と体重に触れており、
デビュー以来最高の体重を記録し、
現在、
71キロから10キロ減量したが、
55センチだったウエストは、
”現在行方不明”と、
数字で追いかけた、
笑わせる”オチ”だったが、
記事によれば何でも、
好きな”さくらんぼを毎日2キロずつ、
4日間食べたら、
71キロになったとのこと、
年齢を考えても、
減量に心がけて何時までも元気で
歌い続けていただきた、と、思いつつ、
みどりさんからのリクエスト、
”ブラックガーリック”を送らせて頂きます。
*******************************
さて、昨日の続き、
”Dr喜多”の話に入ろう。
個人レベルでは、
医者任せせずに自分の身体を管理するために、
必要な知識を身につけていただき、
ご自分の身体の現状を知ってもらい、
病気にならない身体作りに必要な、
運動や食事などの、
生活習慣の見直しを目的に、
「健康講座」を行ってきました。
また、
医療や介護に従事している方や、
鍼灸、マッサージ師、カウンセラー、
運動指導者などに対して、
全人的医療をするためのチーム医療を
支えるスペシャリストの養成を目的とした、
「医療講座」も開催しています。
            (写真は、Dr喜多と石橋事務局長)
s-20064061.jpg
この講座では、
現代医療の問題点と改善点、
今後の医療の行方を考察し、
ホスピスから学んだ患者さんからの、
「いのちの声」を、
伝えていくことで、
他社との差別化を図ります。
1、医者は重い病気を治すのは、
得意であるが、
健康維持増進させることは
不得手である

2、予防は医者でなくても、
素人でも出来る

3、健康や病気に対する十分な
知識が不可欠
特に、学童期に専門的な食事・運動に
冠する教育を取り入れるのが大切

4、医療コーディネーター
5、カウンセラー、トレーナー、
栄養士などの育成が急務

6、コアトレーニングを始めとする
健康増進体操法の確立

7、混合診療制度を取り入れる
(つづく)

2 Comments

  • 松尾@村山会
    先ほどは突然の訪問で失礼しました。 ブラックガーリックもネットや口コミで 拡がっていくと良いですね。
  • 松尾@村山会
    村山議員が健康や医療に関心が高いのは 癌を経験している私としては心強いです。 また、村山議員の健康や医療に関する活動の結果、 熱海市民の健康推進がかなえば 行政の医療関連の負担も減る事となりますね。

Leave a comment