「病気にさせない医療」 (1)

今朝の散歩は、傘をさしつつ、
熱海観光港埋立地周辺を4周する。
堤防に咲き乱れていた、満開の桜前線も、
昨日からの風雨に踊らされ、
花吹雪と化し、
舞い上がり散り急いでいた。
マリナーズの城島が、
昨日の試合に引き続き、
ホームランを放ち、
イチローも2安打で、勝ちに貢献したとの、
ネットニュースを見ながら、
”DR喜多”と、
彼のこれからの医療に対する、
理念をご紹介しながら、
病気にならない身体づくりや、
健康増進に役立つ医療とは何ぞや、を、
昨日に引き続き掲載させていただく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メディカルステーションきた
診療内容を簡単に説明しよう。
基本的には、
各種疼痛疾患。
特に慢性の痛み、難治性の腰痛、
終末期の医療相談がメインだが、
下記のような症状のある方は、
是非一度、
「メディカルステーションきた」か、
遠方の方は、
一度お電話かメールにてご相談頂きたい。
1、頸(くび)、肩、腰、腕に慢性の痛みのある方。
2、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎。
3、慢性の頭痛、顔面痛、
4、女性の更年期障害、月経困難症、
  生理不順、冷え性
5、帯状疱疹後神経痛など、
 長期間治療しているが、
症状が改善しない痛みを総合的に診断し
原因を特定して根本的治療を行う

また、”メディカルステーションきた”では、
◎高齢者は、これ以上年を取らないで、
 いかに若返るか
◎成人は、現在の身体をチェックし、
 老化の進んでいる部分は改善し、
 全体にバランスの取れた身体を作る
◎若者に対しては、 
 自分の身体の特徴を知ってもらい、
 将来の病気を予測する。
また、
◎シェイプアップ・体力アップ・肩こり解消、
 ストレス解消・プロポーションを良くするなどの
 悩みを改善するためのサポートなどの、
健康講座も、
毎週開講している。
(対象者によって、講座の内容は随時変わる)
費用は、2回分で10,000円
s-20064044.jpg
s-20064045.jpg
さてここで、
Dr「喜多薫」から、
小生にあてた、コメントを掲載しよう。
「病気になってから治す医療でなく、
病気にならない身体づくりや、
健康増進に力を入れる医療を」目指すと、
前置きし、
ー少子高齢化が世界でも例がないスピードで進み、
医療財源が破綻し、
認知症や寝たきりが増加している昨今、
日本が今後も活力をい維持し、
発展し続けるには、
国民全員が今まで以上に健康増進し、
生涯元気であり続けることが必須である。
そのために、
医療はもっと速く病気を治すとともに、
健康を維持増進することに、
力を注ぐ必要がある。
「医師法 第一章 第一条」で、
「医師は、医療及び保健指導を掌ることによって、
公衆衛生の向上及び増進に寄与し、
もって国民の健康な生活を確保するものとする」と、
定められているにもかかわらず、
薬を出したり、
注射をするだけで、
病気を完全に治しきれていないのが現状である。
麻酔科医からスタートし、
ペインクリニックの診療所、
209床の喜多病院を設立し
日本でいち早くホスピスを設置するなど、
よりよい医療を提供出来るよう努めてきたfが、
現状の医療制度の下では、
病院という形態は無駄が多いため、
病院を手放し、
新しい形のクリニックを昨年開設。
今まで行ってきた病院の中だけの治療でなく、
社会の色々な場で、
「健康管理を自分でシッカリできる社会をつくる」
活動もしてきました。
(つづく)
 

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment