熱海「石亭」にて

昨日から、ブログサーバーの
システムアップ工事により更新不可でしたが、
今日の午後5時過ぎに開通いたしました。
さて、この間”男たちの宴”が、
熱海「石亭」にて行われました。
s-200610298.jpg
この会は、
熱海市内の気心が知れた仲間が4人、
月一回、食事会を兼ねて集う会で、
s-200610290.jpg
澤口さん(西山町在住)を座長に、
北澤花屋さん(桜町)、
野部さん(桜町)がサポートし、
そこに小生がぶら下がり、
毎回楽しいひと時を過ごす。
ただ、昨年9月に
「ちゅうしんの蔵」で全員顔を揃えて以降、
小生を含めて日程の調整がつかなかったが、
年が開けたこの日、久しぶりに全員が顔を揃えた。
今回の「石亭」は北澤さんが出入りの“老舗旅館”。
小生にとって、「石庭」での宴会は2度目だった。
前回は、“アキンド達の夕べ”グループでお邪魔している。
この日は、東通メディアの遠藤ご夫妻が加わり、
更に特別ゲストとして、女性がお二人が参加した。
s-200610292.jpg s-200610293.jpg
s-200610294.jpg s-200610295.jpg
遠藤ご夫妻と澤口さんはかねてよりの知り合いで、
7年程前に小生の事務所(中央町)隣において、
遠藤夫人が、
自然農法で収穫した野菜を販売していた際の、
顧客の一人であり、
またこれが縁で、
ここで働いていた女性は、現在、
澤口邸と遠藤ご夫妻の別荘マンションを管理している。
丸3ヶ月ぶりで全員が顔を揃えたところで、
話題は「ホリエモン」や「耐震偽装問題」などの
世間を騒がせている事件についてや
平成の「千石イエス」事件にも似た、
東大和市の一夫多妻”快楽ハーレム”生活などに、
4人其々の見解で突っ込みを入れ、
相槌を打ったり、頭を振るなどして、
メディアの報ずる知識に、自論を混ぜ、
全員が俄か評論家に変身して宴会場を盛り上げた。
s-200610296.jpg s-200610297.jpg
ところでこの「石庭」、
その名の通り贅の限りをつくした石庭で有名な老舗旅館だが、
パンフレットからの受け売りだが
少しご紹介しよう。
大正から昭和の初期にかけて、
多くの文人墨客たちに愛され、
本郷菊坂の「菊富士ホテル」を発祥して100余年。
熱海石庭の創業者である「羽根田武夫」氏が
写真家としての芸術品を完成させるべく、
今から30数年前、
日本全国から由緒ある銘石・石燈籠を集め、
粋をこらして、まず石庭園を完成させ、
その石庭に京風数寄屋造りの
瀟洒な離れ屋を点在させ、
銘木、庭木を配し流水を湛え、
石、水、木の調和を基に
閑静をきわめる佇いを完成させたそうである。
さらに、この宴会場は隣接し買収した
「旧今井荘」当時から使われていたものだが、
創業者の意図するところの造りとなっており、
本格的京会席膳の風雅な贅をかもし出しており、
小生が推薦したい、熱海の老舗旅館である。
熱海「石亭」
熱海市和田町6-17
電話 0557(83)2841

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment