「古屋旅館」お献立

話は、少し前に遡る。
小生が居住する、熱海市咲見町の
地域防災の一翼を担うのは、
「第一消防分団」である。
7日の出初式の後、午後6時30分より、
「古屋旅館」に於いて、新年会が開催された。
会場には、
杉山利勝分団長以下分団員28名と、
分団OBでつくる「纏会」のメンバーが参集し、
新年の懇親を深めた。
s-2006190.jpg s-2006191.jpg
桜井纏会会長(写真左)は、
同じく、加藤則、鈴木纏会等の同期生より、
一歳年下ということだったが、
焼酎ロックグラスを手に、
後輩分団員の新規参加者や、出初式において、
30年特別功績賞・勤続功労賞を授与された、
江尻稔氏(団員・元本部部長ー写真右)等に対し、
労いの言葉をかけ、元気なところを見せていた。
s-20061092.jpg s-2006193.jpg
この宴で用意された「料理」は、
何れも新鮮且つ繊細な料理センスが行き届いており、
小生を含む多くの参加者が全ての献立に、箸を付けていた。
種田料理長の今夜の献立は、
食前酒(蜜柑酒)、
先付(胡麻豆腐)
前菜(芋慈姑・金柑蜜煮・紅白梅百合根・青味大根・からすみ
    松笠銀杏・子持海老・鰻八幡巻き・鯖寿司・海月ごま和へ)
吸物(矢柄惨薯・蕨・鈴菜・しめじ・葛水仙・柚子)
s-CIMG1130.jpg s-CIMG1132.jpg s-300000.jpg
お造り(三種盛り・あしらい一式)
焚き合せ(筍・鱈子・菜の花・梅人参・木の芽)
強肴(朴葉焼・牛肉・椎茸・しし唐)
s-300001.jpg s-300002.jpg s-300003.jpg
お凌(そば・芽かぶ・大根おろし)
焼物(鰆西京焼・才巻海老・鮪ほほ肉・千車唐・
    杏子白和へ・福沙焼・はじかみ)
揚物(伊勢黄身揚・蕗の薹・竹の子・レモン。山椒塩)
s-300004.jpg s-300005.jpg s-300006.jpg
酢の物(なまこ・人参・胡瓜・貝割・柚子おろし)
食事(浅蜊めし)
香の物
赤だし
水菓子(苺・洋梨)
s-300007.jpg s-300008.jpg s-300009.jpg
さぁ~て、上記記載写真、
どれがどれだかお分かりになりますか。
丁寧な作り手の心が伝わる料理に、
参加者全員が満足のご様子。
下記写真は、左から松田「富士屋呉服店」社長と、
右は、下田土建社長。
右下は、銀座のかばん屋さん「絹川屋」社長と
「石井燃料店」社長で、皆さん纏会所属。
特に、松田さんは、
昭和60年1月16日未明、
小生がビジネスホテル経営時に、
宿泊滞在者によるタバコの不始末から出火した際、
消火に勤めた消防団員として、
最小限の被害で収まるように尽力していただいた、
小生の恩人お一人である。
s-2006195.jpg s-2006196.jpg
また、この分団の新年会には、
熱海芸妓置屋連合組合所属の”綺麗どころ”が
6名座敷入りして”華”を添え、
コンパニオンでは味わえない、”和的”情緒がただよい、
纏会や分団員は改めて芸妓文化を認識した。
s-2006197.jpg s-2006198.jpg
このあと、内田進「古屋旅館」社長の計らいで、
2次会が一階、喫茶バーで行われ、
更なる親睦を深め、
3次会は小生は「松田」社長に
連れられて、「花冠」、「扇」と、似て非なる、
熱海を代表する夜の社交場へと足を進め、
新たなる”知識”の一端を頂戴したのである。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment