釧路の穴場

台風11号が今夜半ごろ、
直撃しそうである。
被害が少ないように祈るばかりである。
さて、ほとんど台風の被害を受けないのが、
「北海道」。とくに、釧路は全く影響が無い。
そして、
毎年同窓会のシーズンに
里帰りする「釧路」だが、
小生が選んだ、穴場を少しだけご紹介しよう。
釧路は「湿原」と「海」の顔を持ち、
四季毎にその表情を変える。
釧路の自然もまた観光客の
心を捉えてきた。
さて、釧路はかつては魚の宝庫だったが、
200海里問題以降、
海産物事情も変化し、
釧路近海の鮮魚も漁は狭まれ、
輸入物等に依存しながらも、
和商市場等を通じ、
メイドイン釧路を堅持しているようだ。
とはいえ、釧路に来れば先ず食をそそるのが
「海の幸」である。
ホッケにメンメ(金目鯛)、
旬の秋刀魚や厚岸の牡蠣に、
ツブ貝に活きホッキ貝やイカ素麺、
毛がにに鮭と食材は豊富。
”ろばた”の発祥は釧路。
その名も「炉ばた」は、
地元客が入れないほど観光客で満席の
超人気店。
地元客はその混雑を敬遠して、
別の炉ばたを開拓する。
伊木繁樹氏(釧路石炭社長)のご贔屓は、
炉ばた 番小屋
s-CIMG6070.jpg s-CIMG6111.jpg
この店のキャッチコピーは、
~霧が呼ぶ、旅情誘う湿原の街
 一箸にこころづくしの四季の味~
場所は釧路市末広町のど真ん中。
ここにも観光客は多いが、
カウンター席やテーブル席が多いため、
混雑感は無いだけ、落ち着ける。
北海の旬の海産物や山の幸が楽しめる。
さて、ここで腹を満たした後は、
熱海西山町「離れの・・宿 ほのか」の
外久保宏一社長の同級生が経営する、
スナック一絵を推薦したい。
ママの鈴木千絵さんは、バツ一だが独身、
ご覧のとおりの若さで話題が豊富。
チーママはまだ22歳で美形。
この店は地元だけのスタッフが多く、
カウンターレディの友人が多勢遊びに来る。
(写真左がママの千絵さんとチーママ) (一絵に遊びに来た釧路カントリーフロントスタッフ2人)
s-CIMG6074.jpg s-CIMG6107.jpg
その釧路カントリークラブだが、
同窓会当日、第11回釧中、湖陵同窓会ゴルフ大会と
銘打ち9組で開催した。
小生から見れば長くて難コース。
小生は54,59といつものスコアだったが、
5番ショートホールでニアピンを取り、
バッグ2点セットが当たった。
ちなみに、伊木氏は50.46.
で、翌日は伊木氏がメンバーの
釧路風林カントリークラブ
午後からワンラウンド。
伊木氏 55、47 102
小生  55、55 110
釧路ルールは、全てノータッチ。
実に窮屈ながらも楽しくプレイできた。
http://search.hga.gr.jp/search/result/result.asp?cid=1-8-1
s-CIMG6078.jpg s-img243.jpg
さて、小生が高校時代に通い続け、
今なお超人気店が、
レストラン 泉屋
幣舞橋の近くにあり、
創業45年の老舗レストラン。
45年間変わらないものといえば、
アツアツの鉄皿スパゲッティ。
量と味は特筆モノ。
      (写真の通りの量。下は、泉屋勤務の伊木氏の旧友)
s-CIMG6112.jpg s-CIMG6117.jpg
s-CIMG6120.jpg s-CIMG6121.jpg
このほか、ラーメンなら、
米町(啄木の石碑が建つ寺町)には、
~しらじらと凍り輝き千鳥鳴く
 釧路の海の冬の月かな~
まるひら」が
地元民に大うけで、
列が切れない。
味は、サッパリ系で、
カツオや昆布などの海産系統の
うま味がプ~ンと鼻をつき、3食食べても飽きない。
s-img245.jpg s-img247.jpg
s-img248.jpg s-img249.jpg
そのほか、「仁」、「かどや」、「河むら」等が
釧路を代表するラーメン店。
そして蕎麦ツウには是非お勧めしたいのが、
創業明治7年の
竹老園」だ。
ここも、地元や観光客で連日連夜ごった返している。
「抜き」(鳥スープにカシワとネギだけ)に、
「蕎麦寿司」、「ざる蕎麦」の3点セットは絶品。
まだまだ、味や夜の穴場がたくさんあるが、
またの機会にご紹介いたします。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment