貞方邦介氏と渡辺周前代議士 2

平石啓三郎氏(株式会社関東警備保障社長)と、
富士屋ホテルグループ(国際興業)との
お付き合いは長い。
無論、ビジネスを通しての親交である。
貞方邦介氏(アルカサバ)は、熱海市民であり、
平石氏が会長を務める「温泉通り町内会」の住民でもある。
またお二人は「ロータリアン」でもあり、
貞方氏が「リラックスリゾートホテル」をオープンして以来、
何かとお付き合いを重ねてきた。
貞方氏は初の著書「SADAKATA!」で、
熱海をアジアの”モナコ”にするために、
チャレンジしていくとのビジョンを示している。
熱海再生には、新形態の「リゾートホテル」や
高所得者による熱海定住を推進している、
小生とも方向性がほぼ一致している。
貞方氏を我々に紹介したのは、
雨宮治興来宮神社宮司。
宮司さんの肝煎もあり、
何かにつけ会う機会は多い。
渡辺周前衆議院議員は、
小生の後援会長「松尾光貴」氏(福島屋旅館社長)が、
最も支援している政治家であり、
当然、その関係で平石氏や小生も渡辺氏と、
言葉を交わす場面は多々ある。
小生が貞方氏を渡辺氏に紹介したのは、
来宮神社の「節分祭」。
小生のブログにもそのときの模様が載っている。
この地域を代表する政治家と新進の事業家、
年代も近いだけに
小沢鋭仁や、渡辺喜美前衆議院議員等
政治家の中でも、
共通する友人を持ちその接点が
親睦を深めるのに時間がかからない。
渡辺氏は貞方氏の出版記念パーティーに来賓として
招待され、祝辞を述べている。
その席で、平石氏が渡辺氏と貞方氏に、
一度、4人で、
箱根湯本「富士屋ホテル」
食事でも、と、確認を取っていた。
多忙なお二人のスケジュールが揃ったのだが、
‘郵政民営化”を世に問う、
解散総選挙となったのである。
しかし、渡辺氏は多忙を割き時間を調整し、
箱根湯本に足を運んできたのである。
       (写真中央は勝俣伸富士屋ホテル株式会社社長)
s-CIMG6059.jpg
ただ、時間に限りのある「渡辺周」前代議士、
勝俣富士屋ホテル社長とは多岐にわたり、
意見交換されたのだが、
交通渋滞にハマった「貞方」氏とは、
残念ながら5分程度の立ち話しで、
次回は熱海で会うことを確約して、
湯本を慌しく後にした。
(貞方氏のリムジンでホテルを後にする渡辺氏) 
s-CIMG6064.jpg s-CIMG6063.jpg
(故小佐野賢治会長似の三浦副支配人と貞方氏)
s-CIMG6065.jpg s-CIMG6066.jpg
渡辺氏の去った後、勝俣社長と貞方氏は、
共通のビジネスに関して意見交換したあと、
小佐野賢治ファンを自認する貞方氏に、
一般の目には触れていない単行本、
「実録小佐野賢治」をプレゼントされる。
貞方氏が郵政民営化に賛成か否か?
ここでは聞きそびれたが、
熱海で機会があれば伺ってみたいもの。
午後7時、
貞方、平石両氏と小生は「富士屋ホテル」内の
寿司コーナーで寛ぎながら、選挙に絡まない
雑談を衣交わし有意義な一日でもあった。

2 Comments

  • 松尾@村山会
    渡辺周を可愛がっていただき、ありがとうございます。渡辺周も村山市議も「このままじゃダメだよ。皆で何とか変えていこうよ。」という点では党派を超えて通じる物を感じます。村山市議の幅広い人脈に渡辺周が加わる事により、村山市議がさらに目標に向かっていく一助になれば幸いです。
  • 村山憲三
    松尾さん、連夜の街頭演説ご苦労様。 厳しい選挙戦が予想されます。 どうぞ最後まで気を引き締めて、 納得のいくまで、 熱海市民にこの選挙戦の 意義を伝えてください。

Leave a comment