村山憲三登壇 1

熱海市議会6月議会における
上程議案に対する、各議員の質疑は
   http://www.city.atami.shizuoka.jp/public/gikai/
                  (老朽化著しい熱海市役所)
s-20052243.jpg
今日24日(金)「熱海市政調査会」
村山憲三議員の登壇でピリオドをうつ。
熱海市職員不適正採用疑惑、
市道での損害賠償問題、
ゼファーと熱海市、景観を守る会との確執の
落としどころ、
熱海市が東海岸町当該土地を買収できないのか。
など、熱海市民が知りたい項目が満載。
ただし、一人会派のデメリットは
質問時間が短いことだ。
どこまで、川口市政に対して核心に迫れるか。
午後13時10分、議席番号13番(村山)が演壇に向かった。


熱海市政調査会「村山憲三」でございます。
ただ今から、今議会に上程されました
議案に対する質疑並びに
一般質問をさせていただきます。
 先ごろ、静岡県総務部が発表した、
平成16年度の「都市別データーランク」では、
わが観光地熱海の絶望的な都市構造が
丸裸にされています。
s-20056240.jpg s-20056241.jpg
人口千人あたりの死亡率が最悪で。
持ち家率や人口増加率等も
県下22市中、最低にランクされました。
死亡率の中でも、ガンの死亡率が第一位で、
他の2つの生活習慣病についても
第二位にランクされております。
さらに、市民税収納についても
急激な落ち込みが目立っており、
昨年度は、滞納額を含め
僅かに96億円と、
平成11年度の130億円から
何と34億円もの減収となり、
収納率も「64.8%」と
年々悪化の一途を辿っているのは
ご案内の通りでございます。
「親切と文化」、
「市民を真ん中に置いた市政」
「花と光とカジノ」、
「花づくり、街づくり、人づくり」等で
押し通してきた
「川口市政の10年間」ですが、
集大成を、
「2010年を目標とした花の都づくり」と
位置づけて、
その“一里塚”と銘打って
熱海市が単独興行を強行し
見事にコケたのが、
あの、いわくつきの
「熱海花の博覧会」であります。
これを舞台とした巨額赤字補填と、
曖昧な結果責任の所在を求め、
市民のやり場のない閉塞感が、
さらなる熱海脱出劇や生活習慣病に
拍車をかけているのではないのかと、
私は心を痛めているのでございます。
 (つづく)

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment