第25回来宮神社奉賛会旅行

来宮神社恒例の
     http://www.kinomiya.or.jp/
奉賛会旅行は、5月24日(火)から、
真清田神社参拝と
   http://www.masumida.or.jp/
s-20055280.jpg
(森、川瀬、岡田、平石、小生、雨宮宮司、矢島各氏)           (雨宮宮司と平石氏)
s-20055281.jpg s-20055282.jpg
長良川温泉泊りで、「愛知万博」見学の
一泊二日の日程で行われた。
朝6時15分来宮神社出発し真清田神社には午後1時に着く。
そのあと、金華山ロープウエイに乗り
s-200552820.jpg s-200552821.jpg
岐阜城見学して、
宿泊先の長良川温泉鵜匠の家
「すぎ山」には午後4時に着いた。
s-20055283.jpg
船中宴会のあと、鵜飼観覧だったが、
(真ん中、雨宮禰宜さん)                        (余興前の雨宮、新井氏)
s-20055285.jpg s-20055286.jpg
今年御鳳輦ご奉仕の、
雨宮克重会長、新井克己運営本部長、
岡本文夫天狗、小川智弘進行部長が
s-20055284.jpg
参加し、余興”蛍”
と、題した寸劇?で、
s-20052288.jpg s-20055287.jpg
別の鵜飼観覧船の乗客や、
参加者全員を大爆笑の渦に巻き込んだのである。


翌朝、8時20分「すぎ山」出発、
愛・地球博会場の愛知万博長久手に到着。
聞きしに勝る観光バスや小中高生や一般団体客の数である。
ゲートはA-15。我々の観光バスは会場から一番遠い位置に駐車。
3時までは、途中で帰ってきてもエアコンをかけられないという。
持ち込めない、(目的に)たどり着けない、3時までエアコンが効かないの、
”ないの3乗”プラス、
手荷物検査や会場整理等などあ~じゃない、こ~じゃないを潜り抜け、
マンモス見たさの整理券、
貰ったはいいけど、12時40分から。
韓国料理店で軽~く、一杯。
チジミにキムチに串焼きつまみ、
s-200552810.jpg s-200552811.jpg
s-200552812.jpg s-200552813.jpg
結局、グローバルハウスで2005型超ワイド
高精細画像「レーザードリームシアター」を眠りながら見て、
マンモスの毛髪微かに残る頭蓋骨と、足の一部を
ベルトコンベアに乗せられ、待つ時間長く見るのは2分。
他の会場を見るにも待ち時間が立ちはだかり、
韓式足裏マッサージに30分、
サマージャンボ各自30枚ずつ買い求め、バス駐車場へ。
疲れ果てながらも一行は全員時間以内に到着。
帰路に着いたのである。
愛知万博は別にして、
岐阜・長良川温泉は鮎解禁とともに、
鵜飼見たさに、24日だけでも
40人乗り宴会船約40艘が予約で満席だったと関係者は説明。
明治23年に鵜匠に現在の宮内庁にあたる宮内省から、
式部職という位が授けられ、その伝統継承を見たさに、
外国人観光客を始め多くの観光客を魅せリピーターも多いという。
文化の少ない熱海市が、
花と光とカジノと叫んでも、
観光客に響かない虚しさをつくづく痛感した旅行でもありました。

Comment

There is no comment on this post. Be the first one.

Leave a comment