Today's Kenzo

Published on 2月 16th, 2017 | by ken@jyohou.com

0

熱海出身のピアニスト•内田光子さん、グラミー賞2度目の快挙!!

とにかく、快挙である。

グラミー賞と云えば
米音楽界最高の栄誉といわれ、
そのグラミー賞に
2011年に続いて2度目の
快挙を成し遂げたのが

熱海出身のピアニスト、

内田光子さん(68)である。

第59回グラミー賞式が
去る13日ロサンゼルスで発表され、

内田光子さんが、

ドイツのソプラノ歌手
ドロテア・レシュマンさんの

伴奏を務めたアルバム
「シューマン リーダークライス、
女の愛と生涯/ベルク 初期の7つの歌」で

最優秀クラシック・ソロ・ボーカル賞を受賞した。

内田さんのグラミー賞受賞は、
2011年最優秀器楽ソリスト演奏賞に続いて
2度目となる。

内田光子さんは

1948年12月熱海市生まれで、
世界有数の
クラシック演奏のピアニスト。

父親が外交官だったため、
12歳でウィーンに渡り、
国立ウィーン音楽院入学。

1970年の

ショパン国際ピアノコンクールで2位。

2015年に
高松宮殿下記念世界文化賞を受賞。
ロンドンを拠点に活躍。

2009年に

大英帝国勲章デイムの称号を受章している。

(熱海ネット新聞より)

 

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑