Today's Kenzo

Published on 12月 10th, 2016 | by ken@jyohou.com

0

血圧に関する怖い話①

今日は日中、

ラーメン屋を手伝い夕方から
今月2度目となる
スポーツマッサージを受ける。

ホルミシスルームで
基礎体温をあげながら2時間、

血圧を抑えるツボや首筋や
肩、肩甲骨、膝裏など、
体の歪みを重点的に手当し、
施術後前記のハリが驚くほど
解消されていた

鼻血が出てから血圧を
年齢相応の数値に戻すために、
降下剤や食事療法の他に、
今月はスポーツマッサージを
集中的に受けている。

PCやスマホなどで酷使した
目の疲れから来る首筋の張りも、
血圧を上げる原因の一つであり、

21日の2時間を加えて
計7時間、足腰の矯正を含め
時間を割く予定である。

吉村卓三氏(79歳)の訃報と
高血圧の怖さを改めて
知らされえたのだが故人は

血色もよくアグレッシブな
活動を見せ常に笑顔を忘れない、
サービス精神旺盛な人物で、

これまでの恩返しができないまま
惜しい人物を失ってしまった。

さて血圧に関しては、

小生が愛読している、
エイトスターダイアモンドからの
メールに特集しているので
引用して掲載する。

高血圧診断と痴呆症生む怖い話

☆    最近知ったショックな話。
高血圧診断にはどう対処する?

高血圧患者の急増の裏には理由があった。
正常血圧値の引き下げ。

1987年には、180~100が
上下の正常範囲だったそうだが、

2000年には上だけだが170。
2004年には140と引き下げられ、

2008年には130~85に、
日本血圧協会が発表以来、
これが現行の血圧基準。

1987年までに比べて、
上限が50も下がった。

変更しただけで、

高血圧の人が170万人から、
2700万人(16倍)に増加。

現在の高血圧症医療費2兆円。
薬代9000億円。さらに、

認知症の人の増加が、
血圧降下剤が原因と言われれば、
どう思います。
(つづく)

 

 


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑