Today's Kenzo

Published on 1月 29th, 2012 | by ken@jyohou.com

0

熱海後楽園入社第一期生(昭和40年)、47年目の集い。

熱海後楽園がオープンしたのが昭和40年だから、今年で48年目となる。
今日は開幕第一期生のうち、男14人が後楽園ホテルに集った。前回は、
確か今から6年前だった。還暦を前に在籍同期生の音頭で
全国に散ったOB(男女)が思い出に花を咲かせた。あれから6年が経過した、
ついに、今月31日をもって同期生最後の一人が退職する。それを機に、

記念すべき最後の一人を囲んで、熱海と近隣在住の男だけの、
宿泊込みの懇親会に顔をだした。小生の在籍は僅か2年。最後の一人が
47年と10ヶ月。それでも、事あるごとに声がかかるのは、愚妻が
同期入社で女性組最後の退職者ということもある。いずれにしろ、

北海道釧路市の母校(釧路湖陵高校)での入社試験、熱海後楽園入社。
あれから47年と10ヶ月。未だに生活の拠点を変えず、
元気で生かされているのも、熱海と相性がよく、議員に付託して頂き、
新しい熱海への誕生に向けての使命を与えられているからだと、
自分自身に言い聞かせている。明日の朝まで一緒にいたかったが、

残念ながら、一次会でおいとました。今夜は来客を、
「ホテルサンミ倶楽部」にて待たせていたからだ。その方は、

林雅行氏(クリエイティブ21社長)という。林氏はNHK衛星放送の制作を経て、
ドキュメンタリー制作に携わるクリエイティブ21の代表で、
映像(TVドキュメンタリー・ニュース)の制作から
舞台の脚本・演出。ルポルタージュ、ドキュメンタリーの執筆も行い、
著書も多いので、下記のURLを参照して頂ければ幸いである。

http://cr21.web.fc2.com/TVtop.html     その林氏は映像を通じて

台湾と濃い関係にあり、熱海にお招きした理由については、後日。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑