Today's Kenzo

Published on 6月 4th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

テレ東日曜日朝10時放映、「恋するコリア」と三浦正浩氏(撮影担当)の存在。

昨日の政調会の途中からゲストとしてお招きしたのが、
三浦正浩氏(映像制作会社・Mエンタープライズ)と某地方局の制作担当者。

三浦氏は現在、毎週日曜日午前10時から放映の、テレ東番組
「恋するコリア」の撮影を担当し、多忙を極めている。それはそうだろう隔週で、
収録に合わせて日韓を往復しているのだから無理もない。で、
彼とのお付き合いを通して、これまでにも何度も、
中国やら韓国へと出張した仲であり、ブログでもその度に、
足あとを記録しているので、暇な方は検索を。またその中でも特に、
韓国KBSテレビ本社を訪問できたり、役員さんと名刺交換できた。これも、
三浦氏の存在なくしては実現不可能であり、小生の
貴重な体験録としてPCのフォルダーに留めている。まっ、

早い話しが、波長が合う友人の一人なのだ。だから当然、
高橋弘会長(万葉倶楽部)には、箱根天成園のプレオープン時に合わせており、
多忙を割いては、熱海ホテルサンミ倶楽部にて、心身のリフレッシュしてきた。この間、
ホテルや食事(ジンギスカン)、韓流スナック等々、贔屓は定番化している。理由は
それぞれのお店で馴染みの顔に合うだけでも、何故かホッできる、
熱海が好きです。と、持ち上げる。事実、そのセリフが方便でないのは、
年平均でどうだろう、2ヶ月に一度は、
ホテルだけでなく、一昨日の夜もひつじや、釜山でリラックスしたようだ。で、

その三浦氏を政調会の席に招いたのには理由があった。実はもうひと方、
某地方局の番組制作関係者も一緒にお招きしていた。それは、

熱海温泉から激減した宿泊客を取り戻したいからだ。お察しの通り、
東日本大震災から波及した計画停電が打撃となって尾を引き、
基幹産業はKO寸前である。宿泊施設に修復不能なダメージを与え、
倒産の噂が後を絶たない。また、今夏の節電対策にどう乗り切るのか。
観光地の節電は死を意味する。つまり、
基幹産業が危機的状況に瀕しているなか、熱海市政が
どのような緊急経済対策を打ち出すか、4月に付託した各市議が、
どのような復活再生案を持って取り組んでいるのか。
政調会にお招きしたお二人には、

当局側が上程する議案への質疑応答から、その危機感と対応策について
真摯な質疑応答を肌で感じて頂くのと同時に、三浦氏の人脈である、
韓国メディアとの太いパイプを生かし、また、折からの韓流ブームに便乗して、
熱海温泉路地裏再生プロジェクト(仮称)具現化に向けて、
協力を仰いでいただきたいと云う、括弧くくりがあった。政調会終了後即、

三浦氏等を万葉温泉小田原館で待つ、高橋弘会長ももとへと送り届け、昼食は
かき揚げそばセットのお相伴にありついた。昼食後ここで三浦氏等と別れ、
万葉本社ビル7階ロジックにて
スマホ対応携帯動画アプリ”ビデログ”のインストールを済ませ、
2時間程度の中身の濃い訪問を終えた。



About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑