Today's Kenzo

Published on 3月 25th, 2011 | by ken@jyohou.com

0

熱海温泉山間部に雪化粧。セーフティネット保証対象82業種に大震災融資制度実施。

今朝はこの時期にしては異常な寒さだった。愛犬ふ〜と、
熱海港芝生広場周辺を散歩するため、市の駐車場に車を入れ、
ふと、港に目をやれば、山間部が雪化粧をしていた。この時期にしては
季節外れの雪であり、真冬に戻ったような寒さに震える。昼間は庁舎にて、
中小企業庁のセーフティネット保証(5号)対象業種の
拡大資料を担当する職員から頂戴する。この保証制度は当初、
昨年7〜9月期の業種毎の売り上げ等のデーターを基に、



48業種で実施する予定だったが、今回の大震災と計画停電も含め、
国全体としての投資や消費などの集計概念を用いて、
経済活動を分析する、マクロ経済への影響が懸念される一方で、

業種判断のためのデーターを取り直すことが困難となったため、
緊急避難的に、平成23年度上半期において、原則全業種である
”82業種”で同制度を運用出来ることとなった。

しかし、だ。運良く借りられても、お客が来て、
売り上げが上がるという、保証はどこにもないし、返済出来るかも疑問である。また、
被災地の皆さんのご苦労に比べれば、我が熱海温泉の
計画停電による間接被害なぞ、爪の垢程にも満たないのだろうが、
はてさて、灯りを奪われた観光地もまた、
ホテル・旅館街から宿泊客が消えてしまい、このままの状態が
あと2ヶ月続いたら、と、考えるだけでも、
正直、不安感に苛まされてしまう。当然のことである。

原発事故を伴った大震災は、計画停電だけでなく、
放射能の飛散は近隣地域を汚染し農産物を壊滅状態にした。また、
都内の浄水場に毒を注いでしまった。TVの解説者はレントゲンやCTスキャンの
被爆量を例に挙げて、安全生を強調するが、目は笑っていない。
政府のスポークスマンや原子力発電関係者による事故関連説明は、
2転3転が珍しくなく、苛立を募らせた都民のストレスが
いつ爆発するのか、精神的パニック現象はどんな形で表れるのか。
中小企業の融資制度だけでは、国民の不安は解消されない。


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑