Today's Kenzo

Published on 2月 24th, 2010 | by ken@jyohou.com

0

熱海温泉、新規日帰りバスツアー客を掘り起こせ!

昨日はSTEPの秋本室長から観光振興について、
旅行代理店の観点から、限りある予算を有効に配分した
ルートづくりについて大いに勉強させてもらった。話しを戻せば、
・・・・・
昨年度まとめた、熱海「梅園」来場者へのアンケート調査資料。これは、
日帰りバスツアー客を専門に取り扱う、旅行代理店
「株式会社STEPトラベル」(岡田満夫社長・本社大阪)の
秋本室長から、我々は・・・・・、
・・・・・・・・・・
ー従来の旅行会社とは一線を画す、
専門店化を目指していますーと前置きして、宿泊や飲食店、
土産店とのマルチな提携強化を売りにするのではなく、
お客様に満足いただける旅行を提供する為に、お客様のニーズにあったものを
インターネットやFAXなどにより配信して行くシステムを確立して、
旅のメディア化を進めていますーと、会社の方針を述べるとともに、
会社名の由来である、STEPについても、
・・・・・・・・・・
ー旅行の4大要素はSight(見る)Touch(触れる)Eat(食す)Play(遊ぶ)
その頭文字を合わせて社名にしたと、説明する。
このSTEP一昨年から始めた、3ヶ月間のアンケート調査のデーターは、
梅園施設内アンケート調査実施を認可する、熱海市にも届けられており、
誘客宣伝へ大きく貢献していると思うのだが、一部来場者からは、
・・・・・
・熱海市のイベント(梅祭り)なので信用してアンケートを書いた。
・グループで行ったが、大半がバスツアーに当選した。
・熱海で回答し、なぜ別の地域へ招待するのか。
・無料バスツアーで多数当選して、後で何か高額請求されないか心配
・アンケート担当者が怪しかった 等々の問い合わせが、
2月22日現在10件以上、熱海観光協会に届いているとのことから、
誤解を解く上でも是非、当局立ち会いの上で説明したい。と、連絡が入り
小松観光部長、澤田観光施設課長等と議員控室にて話しを伺い、
ー誤解のないようSTEPさんのアンケート調査目的を関係者に周知徹底するーと言う事で、
一件落着したのだが、当局がアンケート調査内容をどこまで理解し、



分析できているのかについては、3月定例会での関連案件で質したい。
・・・・・と、いうことで、起雲閣を軸に、
熱海市内のホテルや、銭湯を利用した日帰り温泉入浴と食事をセットにした、
新、熱海温泉日帰りバスツアー商品開発を検討したい、と、前向きだったが
現在の基本料金設定では、温浴と食事で2,000円程度のパックプランとなり、当初は、
温浴施設と飲食店が手を上げてくれなければ、流れてしまう話しでもあり、
・・・こうした話し合いの席で歯がゆく思うのは、もし、草津温泉のように、
無料で温泉を開放する施設が18カ所もあれば、その分、
試食サービスで店内誘導し、多くの売り上げを計算できるのに、と、
創意工夫、旅行客ニーズを先取りできないでいる、観光行政に苛立ちを覚える。

Tags: , , ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑