今日は午前11時過ぎから役所の控え室で、市民から寄せら..." /> 「熱海国際経済交流会」中国・大連市でPR活動 | 七転八起 - 村山憲三 Official Site

Today's Kenzo

Published on 5月 25th, 2009 | by ken@jyohou.com

0

「熱海国際経済交流会」中国・大連市でPR活動

今日は午前11時過ぎから役所の控え室で、市民から寄せられた案件について、
担当部課職員と打ち合わせを重ねる。
建設課職員とは、第一小学校通学路の崩壊した市道について、
緊急補填をした後の工事予定とこれまでの経過を書類で求め、
観光課職員とは、熱海商工会議所が運営する「国際経済交流会」が、先日、
中国・大連市で開催された”第6回東アジア国際観光博覧会”に出店したことを受け、
どのようなのPR活動をしたかについて、会議所担当者を交えて意見交換する。
午後からは、小林常男氏(熱海マリーナ社長)から依頼されていた、
”水素水”を3箱届けながら、南熱海の情勢等を伺いながら、
「菓子の木」の夏用スイーツとコーヒーを頂戴する。
水素水を届ける

水素水を届ける

熱海「菓子の木」の水菓子
小林夫人から、ブログアップ出来ないと指摘され、
熱海マリーナのPCを開いてみたが、ピクリとも動かなかったことから、
サーバー管理者に連絡をしたところ、サーバートラブルのため、
午後5時過ぎまで修復作業に手間取るとの答えだった。
トラブルの原因は、動画やフラッシュが重たいからというわけではなく、
単なる、サーバー上の問題であるとのことで、先ずは一安心するものの、
ただ、開いて”即”アップするにはもう少し時間がかかる。今の段階では、
パソコンのOSにも左右されるが、10秒ほど我慢をして貰えれば、との、補足があった。
小林夫人にもそのところの事情を説明して、事務所から来客の電話が入り戻った。
来客は、市営住宅等立ち退きに関する問題で、小生が、
3月議会で当局に質疑した、熱海市とのトラブルを抱えた関係者の一人で、
正当性を訴える証拠書面を携えて来訪する。
この問題に関しては、6月議会で当局に確認する予定であり、
詳細についてはここでは話せないものの、もし、この資料が事実だとすれば、前市政の
デタラメ行政の一端が露呈されることにもなり兼ねず、慎重に対応しなければならない。
さて、熱海国際経済交流会が訪中したのは、
”第6回東アジア国際観光博覧会”に出展する目的でだった。
去る4月17日から3日間、大連市で開催されたことを機会に、
熱海の知名度を上げるためのPR活動を行ってきたといい、博覧会は同時に
「中国国内観光博覧会」も併せて開催され、来場者は、
昨年よりも3万人多い、”78,000人”に上ったようだ。
小川氏は、会場で、熱海市を含めて日本への旅行に関するアンケートを行い、
250人以上の来場者から回答を得、今集計中であると説明した。

熱海市千葉観光課長

小川事務局長

小川事務局長

開催初日に集まった、報道関係者や中国国内の旅行業社とその関係者等に、
熱海から持参した”中国語版パンフレット”、中国語版観光DVD”を配布して積極的な
PR活動を展開し、手ごたえを感じたのは、
開催2日目に、遼寧省主催の晩餐会が用意され、
その席には、200名以上の関係者の他には、瀋陽の総領事と熱海市だけが招待され、
人民政府を前に、PR活動をさせて頂くことができた。と、胸を張った。
後2日後に迫ってきた、中国山東省への視察に役立つ話に感謝する。

Tags: ,


About the Author



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑