Today's Kenzo no image

Published on 6月 4th, 2006 | by ken@jyohou.com

2

DR喜多の健康手帳(4)

「大阪」入りしたのは、
6月3日の午後12時59分だった。
今回の用件は、
「タックワールド」(松本哲治社長)の、
関連会社「アクセスオン」(宮脇佐太男社長)が
開発したソフト、
不動産賃貸検索携帯サイト”
”かりトク”
関東進出へ向けた打ち合わせと、
中古車のオークション端末会社で、
全国ネットの、
”ハナテンネット”(8710)の、
佐藤幸弘部長から紹介されてた、
旧大和銀行支店長で、
経営総合診断士、
帳票管理士の、
竹内正和氏が徳島県鳴門市から、
来阪することに併せて、
スケジュールを組んでいた。
例によって、
御堂筋線で新大阪から難波で下車し、
高島屋百貨店入り口で待ち合わせ、
昼食に向かったのは、
千日前の、
韓国レストラン”あじよし”だった。
www.ajiyosi.co.jp/
s-CIMG9386.jpg
大阪喰飲B級ハンターの、
松本氏から前回、
ここの”冷めん”は一押しだから、
是非食べていただくと誘われていた。
感想は、
大盛り冷めんの食前食後の
写真を見ていただくとおり、
”ウマイ”の一言。
s-CIMG9382.jpg s-CIMG9384.jpg
ここを出た後、
膨らんだ”お腹”を平らにすべく、
人、ひと、ヒトでごった返す、
難波の街をウオッチングし、
s-CIMG9388.jpg
s-CIMG9391.jpg
s-CIMG9395.jpg
午後5時過ぎに”定宿”、
「心斎橋グランドサウナ」へチェックインし、
午後7時過ぎに、
待ち合わせの「なんば花月」裏にある、
s-CIMG9397.jpg
海鮮居酒屋「天秤棒」へ。
佐藤氏、竹内氏の他に、
鳴門市で”産業廃棄物処理業者”で、
中間処理施設を持つ、
株式会社ランドディベロップの、
井若伸男社長がご一緒だった。
s-CIMG9403.jpg
竹内氏がコンサルタントしている会社で、
燃料が従来の焼却炉より大幅に少なく、
行政の許認可を必要としない、
画期的な”炉”を研究開発していると、
ご紹介され、
再来月の、
8月12日より始まる、
徳島の
「阿波踊り」に併せ、
松本、佐藤両氏と伺いながら、
”炉”の詳細について、
説明を受けることで解散した。
大阪から鳴門市まで約2時間30分というから、
熱海から新大阪まで
”ひかり”を利用した時間とほぼ同じ。
この後、
”定宿”に戻り午後11時に予約してある、
このサウナの”足裏マッサージ”まで、
個室カプセルでリラックスすることに。
さて、
今回は土日にあたり、
「メディカルステーション きた」が定休日のため、
残念ながら、
”DR喜多”と会えずじまいだが、
前日に引き続き、
「DR喜多の健康手帳」をご案内したい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
”体力高い体になろう”
体力の高い人とは、
肉体的に見て、
強健でバランスがとれており、
ストレスに強い精神力を持ち、
素直な考えの出来る人をいう。
体力の高い人ほど循環器系の、
病気にかかりにくく、
肩こり、腰痛などになりにくく、
”がん”の死亡率が低いことは、
いろいろな調査結果から、
明らかになっている。
従って、
いつまでも若々しく病気をしないためには、
日常生活の中で、
規則正しく運動を取り入れ、
体をできるだけ鍛えることである。
私たちの体は20歳を過ぎると、
少しずつ老化が始まるが、
高い体力で一日24時間を過ごせば、
疲れも少なく、
一日の老化幅は小さいことになり、
いつまでも、
若さを保つことができる。
      (DR喜多と腰痛で悩んでいたハナテン佐藤部長)
s-CIMG8960.jpg
また、
体力の高い人は、
睡眠時間も少なくてすむし、
24時間をフルに使うことができ、
一日が有効に使えて、
今日よりも明日と、
日々進歩することになり、
人生は豊かになる。
実際、
病院で患者さんを診察していると、
病人のほとんどは、
肉体的、精神的に疲れている人たちで、
体力のある人には、
病気は近づかないものだ。
忙しくて運動する時間がないと、
言っている人ほど、
体力を鍛えて一日を、
より有効に使うようにしなければ、
無理なことをしていると、
必ず病気に近づいていることになる。
(つづく)
//////////////////////////
DR喜多(喜多薫)
1941年和歌山県生まれ。
68年和歌山県立医科大学卒業。
75年大阪岸和田にペインクリニック開業。
81年医療法人幸会喜多病院設立。
04年病院経営から撤退
05年「メディカルステーションきた」を設立、
予防医学を中心に、
「病気にならない体つくり」をテーマに奮闘中。
俳優「小林稔侍」さんは、
学生時代からの親友。

Tags: , , ,


About the Author



2 Responses to DR喜多の健康手帳(4)

  1. 松本 哲治 says:

    先生、先日はお疲れ様でした。
    今回も丁度、徳島から竹内さん達が来てすごいタイミングで会えた事・・相変わらず不思議なことが起こりますね。
    ところで”かりトク”のシステムは、今後いろんなビジネスに応用できると思いますので、また先生のアドバイスを頂きたく思います。
    これからもモバイルを用いた汎用型サイトをつくりいろんなビジネスの販促に繋がるように考えていますので、
    宜しくお願いいたします。

  2. 村山憲三 says:

    ペットショップ「トップ」の、
    PCと携帯連動の、
    ホームページ作成費用と、
    維持管理費の見積もりを、
    お願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top ↑