台湾在住、林俊宏氏(フランク・リン)からの投稿(3)

昨日日曜日の、
全国の
新型コロナウイルスの新規感染者は
8万4941人と
過去最多を記録し、

日曜日としては過去最多となり、
先週の日曜日と比較して、
6427人増なり、
23人の重傷者が確認されている。

さて、

台湾在住の
林俊宏氏(フランク・リン)さんから、
届いている
メッセージの後半を掲載する。

・・・・

○近●さん、

人は自分とどんなに異なっていても、
他人を傷つけてはいけません。

西氏は中国政府を代表する演説で、
台湾の統一と
一国二制度の実施を主張し、

支援としての力の使用を強調し、
中国人でもある人々に
害を及ぼさないと述べた。

しかし、

暴力は間違っており、
中国人であろうとなかろうと、
危害を加えるべきではありません。

チベット人とウイグル人が
「中国人」になった後、
彼らは
「民族自治区」における文化、言語、
信念の絶滅に遭遇したことを
私たちは見てきました。

一国二制度の下で香港の人々が
民主主義と自由を
急速に失っているのを見てきました。

中国の人々は彼らの
基本的人権について発言したり
擁護したりすることさえ
できないことがわかります。

西さん、暴力は平和をもたらすことはできません、
ミサワク・ハニザイ・マサス・タキッド
(他人をいじめている人も
同じように罰せられます;古代のサキリヤのことわざ)。

あなたの国を真の文明に導き、
力を使って
台湾の人々を威嚇するのをやめ、

中国の人々が人権と自由を
享受できるように努力してください。

台湾の原住民であり、
台湾の主観である○近●氏は、
脅迫することを拒否し、
後退しません。

台湾の国家の未来は、

台湾の原住民を含む母国のすべての
民族グループの独立した決定です。
同時に、
政府、政党、またはグループは、
先住民族の
伝統的な領域を他国の領土に組み込むために、
または
先住民族が彼らを行使することなく
他国の実質的な
管理の範囲になるために、

外国軍および国と
交渉することはできません。

集団的自己決定権。

これが私たちの母国を守るという
私たちの決意です。

台湾の原住民は何千年もの間
頑張ってきましたが、
これからも頑張っていきます。

いつの日か、

中国は歴史、国籍、国の
歪んだ見方をあきらめ、
私たちの両親になるのではなく、

私たちの親切な隣人になることを
いとわないでしょう。
その際、
誠意を持ってグラスを上げ、
この中国人の隣人を
キビワインで乾杯します。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

0 Comments
scroll to top