熱海市議会、越村修議長による伊豆山土石流被災者”合同慰霊祭”追悼の辞。

昨日に引き続いて、
先日、
伊豆山小学校で開催された、

伊豆山土石流被災者の
犠牲者追悼式での

熱海市議会を代表して、
越村修議長による、
哀悼の辞を掲載いたします。

・・・・・

熱海市伊豆山土石流災害発生
100日、
犠牲者追悼式が執り行われるにあたり、

熱海市議会を代表し、
謹んで哀悼の誠を捧げます。

かえりみますと、
7月3日は梅雨の季節でもあり、
数日前から降り続いていたところに、
土石流が発生し、
伊豆山のまち並みを一瞬で失うとともに、
見慣れた風景を
一変させてしまいました。

そして何より
26名もの尊い命が失われ、
いまだに
お一人の行方が分かっておりません。
改めまして、
衷心よりご冥福をお祈り申し上げますとともに、
ご遺族の皆様に
深くお見舞い申し上げます。

そして今、

あの未曽有の土石流災害の恐怖と、
忘れることのできない
肉親を奪われた悲しみに耐え、
幾多の困難に直面されております
ご遺族の皆様方の無念さは
いかばかりか、
推察申し上げるには、
あまりあるものがございます。

私どもは、

この尊いご犠牲を大きな教訓として
肝に銘じ、
土石流災害により明らかとなった
課題と
真摯に向き合い、
二度と繰り返すことのないよう、

強い覚悟をもって
万全の努力をいたすことを
ここに改めて
お誓い申し上げます。

この誓いこそが、

お亡くなりになられた方々の
御霊をお慰めする唯一の道であり、
尊いご犠牲と、
生前のご労苦に
お応えすることになるのだと存じ上げます。

本日ここに、
追悼の儀式が挙行されるにあたり、
心から
ご冥福をお祈りするとともに、
一致協力して、
従前にもまして、

被災地域の安全と安心のまちづくりに
邁進することをお誓い申し上げ、
追悼のことばといたします。

熱海市議会議長 越村修

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top