熱海市在住のスピリチュアリスト、江原啓之氏が土石流被災者に2000万円を寄付する。

先日、

熱海市西山町在住の
江原啓之さん(スピリチュアリスト)が、
斉藤市長を訪問し、

伊豆山土石流被災者に対して、
2000万円を寄付した。

熱海ネット新聞の取材によると、

江原さんは、

7月3日の災害発生から
伊豆山土砂災害復旧支援の
チャリティ講演会をオンラインで配信。

その収益金と豪雨対策で
県が実施した
糸川の護岸工事に
自宅土地の一部を提供した際の売却金と、
所属事務所
ワタナベエンターテインメントおよび
自身の寄付を加えて届けた。

また、江原さんは、

熱海市西山町の自宅
「昌清庵(まさきよあん)」を拠点に、
全国で活躍する
スピリチュアリストととして、
テレビでもお馴染み存在。

10月8日に

熱海市伊豆山地区の
大規模土石流の義援金として。
2000万円を寄付した。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top