名古屋市民から伊豆山土石流に関する「熱海市議会9月本会議場」での質問依頼あり。

さて、

伊豆山土石流災害について
小生のブログに、
愛知県の一般市民を名乗る方から、

9月15日の本会議での
小生に対する、
当局との質疑要旨について、
一言、
依頼がありました。

ただ、

この時は登壇日でもあり
時間の関係もあり、
当局に対しての質問は
出来ませんでしたが、
ただ、
その内容について、
今日、
掲載させていただきます。

・・・・

愛知県の一般市民、○○木と申します。
この度は、
熱海土石流につきましては、
お悔やみ申し上げます。

件名について、
以下の点についても追加で
追求して頂きたく
取り急ぎメールさせていただきました。

①七尾調圧槽付近は
雨水が溜まりやすく西側斜面も
崩れやすい地形です。

土地所有者が復旧を拒否したため、
行政が
対応したと思われますが、

・どのような処置をしたか、全資料の公開。

・また、復旧処置後、
調圧槽付近の危険性を
どのように認識していたか。

②排水対策についても、

・どのような指示を出し、
・どのような認識であったか、
非常に重要な点です。

行政が

排水対策の是正措置後の確認を
怠っていた可能性があります。

(7月20日付の某記事参照)

《建設会社は排水対策など
一部工事を実施したが、

開発業者と現所有者のどちらが
代金を支払うかが決まらず、撤退。

工事はその後、未完了のまま放置。》

《排水対策工事についても
「全体の1割ほどしか終わっておらず》

※2011年以降、
崩落地の現道から西側の斜面まで
排水パイプが
設置されていたのは写真等でも確認できます。

現在は

二次被害を防ぐ為、
県が
撤去多くの争点がありますが、

大きな分岐点は

10年8月から11年だと
個人的には思ってます。

質疑質問通告締切が過ぎており、
追加の質疑は
難しいかもしれませんが、

何卒宜しくお願いします。
以上、
取り急ぎ要望まで。

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top