ブルネイ・ダラサラーム国オリンピック参加選手競技日程終了。今後は、熱海市とブルネイとの事後交流が始まります。

熱海市とブルネイサラダラーム国は
東京オリパラ大会を機に、
事後交流を目的として、
ホストタウン合意書を締結し、
内閣府からも認証された。

このホストタウン合意で、

観光地熱海は約20億人といわれる、

イスラム教国からの
インバウンド需要が見込めることから、

afterコロナを視野に、

①「食の交流」(和のハラル)
②「ツーリズム」を軸にした、

具体的なプロジェクトが着々と進んでいる。

また、

ブルネイから
東京オリンピックに参加した
選手やコーチ陣は、

コロナ渦ということや、
7月3日に発生した、
伊豆山土石流災害などの
Wパンチに見舞われたこともあり、

来熱こそ叶わななかったものの、

8月3日の
男子陸上200メートル予選に出場した
ブルネイ代表の
ムハマド・ファダウス選手(25)は
21秒83を記録したが7位に終わり
準決勝には進めなかったが、
シーズンベストタイムを出している。

また、
もう1人のムハマド・イサ選手(23)は、
競泳男子100メートル平泳ぎに出場し、
7月24日にレースを終え、
競技日程は終了している。
また、
閉会式にはファダウス選手が参加する。

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top