熱海市新型コロナウイルスワクチン個別摂取は7月19日から開始します。

 

先日、
6月定例会閉幕後に、

熱海市健康づくり課より、
64歳以下の
新型コロナワクチン摂取について、
連絡が入っており、
その詳細について記載する。

熱海市は6月26日から、
60歳~64歳の市民に、
13歳~59歳の市民に対して、

7月2日に、

新型コロナウイルス
ワクチン接種クーポン券の発送を発表。
ただし、いずれも、
基礎疾患を有する人や
高齢者施設等従事者などが対象。

また、これに伴い、
かかりつけ医による個別接種を
7月19日から開始します。

集団接種は、

国際医療福祉大学熱海病院、
熱海所記念病院、
熱海市役所いきいきプラザと

併用することで接種スピードを速め、

個別接種は

熱海市医師会所属医療機関の、

○渡辺耳鼻咽喉科アレルギー科クリニック、
○熱海ちとせ病院○相磯クリニック、
○ゆずクリニック○よしやまクリニック、

○魚住内科医院○内田耳鼻咽喉科、
○河西クリニック○さくら醫院○鈴木医院、
○すやま眼科◯多田医院、
○どばし泌尿器科クリニック、
○梅園ヘルスケアクリニック○服部医院
○三田村医院の
計16の医療機関で行う。

また、

医療機関によって
摂取できる曜日や時間が異なるため、
詳細は
市のホームページに掲載する。

■問い合わせ 

熱海市新型コロナウイルス接種対策室 
0557ー81ー1115

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top