ブルネイの国営ファミリー食品企業「GANIM」社とズーム会議。

昨日は、

議会運営委員会閉会後の、
午前11時30分より、
小生の
議員控室と観光振興課、
ブルネイの
国営ファミリー企業「GANIM」社を結ぶ、
ズーム会議に参加しました。

会議の内容は、

熱海ブルネイホストタウン合意による、
経済及ぶ観光交流に準じたもので、
後日、
詳細について報告する予定ですが、

日本政府は、

東京オリパラ大会開催に向けて、
ワクチン摂取が
進んだことを受け、
群馬、石川、熊本3県について、

「まん延防止等重点措置」適用期限を
13日までで
解除すると決定するなど、

オリンピック大会開催に向け、
アクセルを吹かし始めました。

ただ、

ブルネイからの選手団派遣については、
未だ、
明確な返事が届いていませんが、

ホストタウン協定が、

オリンピック大会の
事後交流に
比重を置いたものであり、

ホストタウン合意を機に、
日本に
ブルネイハラル食を普及させたいとする、

GANIM社のラーマン社長とは、
約1年半ぶりの対面でしたが、
ズーム会議を通じてではありましたが、

大河内博氏の通訳もあり、
言葉に違いや
距離感を感じさせないほど、
意思の疎通ができました。


もっとも、

ブルネイ滞在中の池田修一氏とは、
今日の日に備えて、
予め「GANIM」社との
会議内容についての
下準備をしていたこともあり、

ほぼほぼ、

満足のいくものとなりました、

 

村山憲三 ▪︎熱海市議会議員(5期)  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

0 Comments
scroll to top